攻略!ファミマヘビーユーザーが絶対得するポイント術!

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2016

1位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
2位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
3位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
4位
6か月3%!iD、クィックペイ搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

攻略!ファミマヘビーユーザーが絶対得するポイント術!

 

ファミリーマートユーザーが貯めるポイントはこれ!
ファミマのヘビーユーザーならぜひ知っておこう!ファミチキファンなら知っておこう!ポイント術と裏ワザを一挙公開

 

Tポイントがたまる、それがファミマ。それとJALマイルをためているひとにもファミマを利用する価値あり!
楽天Edy(エディ)やWAON(ワオン)も使える。クレジットカードは何を選べばさらに得?

 

のちほどおトク度ランキングを発表\(^o^)/!!

 

ファミマで貯められるポイント

もちろんファミマでためられるのはTポイント
使える電子マネーやクレジットカードはこんなかんじです。↓

famima_card.jpg

Edy(エディ)auWALLET(auウォレット)のポイントもそれぞれ使えるし、各ポイントもたまります。
交通系ICは、大手コンビニは使えるけれどポイントはたまりません。でも「Suica+ビューカード」の組み合わせで使うと。。。高還元!詳しくはページ下のランキングコーナーで。。。

 

では順番に説明しましょう。
電子マネーでいうと、今のところつかえないのはnanaco(ナナコ)くらい。エディやワオンを使って決済して、それぞれの
電子マネーポイントがゲットできるのに加えて、Tカード提示でTポイントがたまる
からダブルでポイントがたまってうれしい!

 

ためたTポイントでファミマでの支払いももちろん可能。ファミマには限定期間でボーナスポイントがつく商品(Tポイントプラス)がたくさんある!

 

TカードはTポイントのたまるポイントカードですが、
基本のTカードをはじめ、ファミマTカード、TUTAYAのTカード、エネオス、ドトールなど数多くの提携店が出しています。
どこのTカードでも提携店であればTポイントがたまります。

 

※こちらは一例です。

tpointcards.png

クレジット機能付きのTカードも

 

TSUTAYA TカードプラスYahoo! JAPANカードなど、さまざまあるけれど、ファミマをよく使う方がでいちばん得できるのはもちろん、ファミマTカード!よく使えばつかうほどポイント率があがる「ファミランク」があるからです。

 

ファミマTカードとひとくちに言いますが、3種類あります。
・ファミマTカード(ポイントカード)
・ファミマTカード(クレジットカード)
・ファミマTカード(Visaデビット付キャッシュカード)

 

です。

 

famimat3patarn.png

どのファミマTでも、ファミリーマートでのかいものが増えるとファミランクがあがり、ファミマでのポイント率があがります(最高1.5%)。
また、水曜日はレディースデーで、女性にお得な特典があります!!
「今お得」商品がファミマTカードでさらに安くなるという特典もあり、その他ファミマTカードならではの優待特典もあります。

 

電子マネー「Tマネー」では、電子マネー利用分は0.2%で
それほど高くはないですが、現金いらずで便利だし、Tポイントカード提示分+電子マネー利用分のポイントがたまります。

ファミマユーザーが持っておきたいクレジットカード

 

ファミマTカードのクレジットカードとデビットカードは、ポイントカード分+カード利用分でポイントダブル取りになります。
どちらも火・土のポイントが5倍になる!!

 

クレジットカードなら他のJCB加盟店でもクレジット利用ポイントとしてTポイントがためられ効率よくTポイントがためられる。
それにクレジット会員限定で「若者応援ポイント」ということで25歳以下はクレジットポイント2倍

 

また、「ファミマTカードiD」ということで、
おサイフケータイにアプリを設定すれば、ケータイで簡単スピーディーにクレジットカード払いも可!
旅行パッケージツアーが最大8%の割引になったり見逃せない!

 

またファミマでは、auWALLETプリペイドカードでもソフトバンクカードでも決済できる。
今、「3倍ザー!」ということでキャンペーン中でTカードポイントが3倍になるのですが、クレジットカード的につかえるプリペイドカードソフトバンクカードで支払えば、ファミマは最大10倍に!!
ソフトバンクユーザーは、こちらもおすすめ。

fami_3baizer.jpg tpoint_table.png

Yahoo! JAPANカードは通常もクレジットポイントが1%のTポイントがたまるカードで、それもおすすめです。

公共料金でTポイントは?

公共料金の支払いでは、通常Tポイントはたまりません。
でも、ファミマTカード(クレジット)だと、ほとんどの公共料金のしはらいはできてTポイントがクレジットポイントとしてたまります。

 

ファミマTカードやTカードは、レジで申請すると、電子マネー「Tマネー」としても使えます。
Tマネーでは宅急便や切手等の郵便商品、クオカード、プリペイドカード、公共料金の支払いにつかえません。そこのところセブンイレブンのnanacoと違うところですね。

では、それも含め、ファミマユーザーが持つべきクレジットカードランキング、裏ワザポイント術を発表~いたしま~す!!

 

<<★ファミマユーザーのクレジットカードランキング!>>

famima_gaikan.jpg

第1位!ファミマTカード(クレジットカード)

ファミマをよく使う人にはサービス満点。利用金額が増えれば、「ファミランク」があがり1.5%の還元率でショッピングポイント(カード提示ポイント)が付く!
さらにクレジット利用ポイントとして0.5。合計最大2%のTポイント 。また火・土曜のポイント最大5倍、25歳以下で2倍のサービスも!
ファミマTカード(クレジットカード))詳細

体験!実録!元業界人が語るTポイントをお得に貯めるファミマTカードの魅力!

体験!ファミマTカードはこんなにお得。

第2位!ソフトバンクカード

おまかせチャージにすると通常は2%、今ならキャンペーンで最大10%のポイントが付く!
ソフトバンクカードさらに詳しく

 

第3位!JALカード+JMB WAONでJALマイル

JALマイラーに。ファミマは、JALマイルが2倍たまる特約店なので、JALカードで支払うと200円毎に2マイル、
JALカードでチャージしたJMB WAONで支払うと、3マイル、さらにJALカードの「ショッピングマイルプレミアム」に加入すると年会費が
3000円+税かかるけれど、それぞれお200円毎に、4マイルとなる。特定航空券に交換時1マイル2円相当となると考えると8%くらいの還元率に!
ワオンを使ってJALマイルGETのJMB WAONカード!2枚持ちでダブル得!

 

第4位!Yahoo! JAPANカード

いつでもどこでも最低1%のTポイントが付く。

Yahoo! JAPANカードさらに詳しく

 

第5位!ビューカード+Suica+Tカード

ビューカードで、搭載スイカにチャージしてコンビニでつかう。チャージ時のビューポイントが3倍で1.5%。どのコンビニでもOK!JR東日本エリアのSuicaユーザーならぜひ。
アトレビューSuicaカード
なら、JR東日本の駅ビルのポイントカード「JREポイントカード」機能も付いてJR東日本ユーザーにはさらにGOOD。
さらにファミマだと、Tカードも提示してTポイントもGETしダブルポイント取り!

ビューカードさらに詳しく

 

第6位!楽天カード+Tカード

Tポイントと楽天カード利用でポイントダブル取り。
楽天カードでEdyチャージ 0.5%
Edy利用      0.5%
Tカード提示 0.5%
——————————–
計)            1.5%

楽天カードさらに詳しく

 

結局のところ、ファミマと何のサービスを、どの店を使うかで、選ぶお得組み合わせをえらぶことになると思います。
Tポイントは町中にTポイントの提携店も多いので、たまりやすいですね!

おすすめクレジットカードランキング2016

1位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
2位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
3位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
4位
6か月3%!iD、クィックペイ搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

5 件のコメント

  • 平日はマックスバリューで食材と日用品を、週末はイオンで遊んで外食、洋服も購入という過ごし方が多い我が家では、Waonのポイントは大切です。

    そのため、コンビニでも外食でも自販機でも、使用できるところでは必ずWaonで支払っています。

    ただ、不便だと感じるのが残高不足だった場合。イオンの中にあるレストランでさえ、残高が足りなかった時は現金を追加することしかできません。時には数千円分のポイントを無駄にしてしまうこともありました。

    その点、ファミリーマートはレジでのチャージができるところがとても助かります。

    Waonは一度に最高2万円までしかチャージできないので、一週間分の食材を購入していればうっかり残金が少なくなっていることもよくあります。とはいってもわざわざ入金できるATMまで行くのも面倒なことが多く、支払い時は足りているのかいないのか、いつもあやふや。

    自分が使うだけならあきらめて現金を追加すれば済むのですが、どうやら男性は、お金が足りないということがとても恥ずかしい人が多いのか、主人も確実に残金が残っている時しか使ってくれません。

    その点、ファミリーマートでの買い物なら、レジで最初にチャージしてくれればいいよ、と言えば必ず使ってくれるので、ポイントの貯めそびれがなく助かります。
    先日はうっかり牛乳を切らせてしまったのですが、帰りに買って来てと頼んでも快くワオンで支払ってきてくれました。

  • Tカードの期限が切れた後に活用したことについてなんですが。。

    ファミリーマートやツタヤで使えるポイントカードであるTカードをずっと使っていました。

    ですが、海外へ渡航するということもあり更新の届けが来てきたものの、準備に忙しく更新をうっかりと忘れてしまっていました。

    非常に残念な結果だったことを財布の中のカードを見て思い出して失敗したなと感じました。

    それから、数ヶ月が経ってそれでも尚残るカードの3桁のポイント数。時々、目に入ってはそうだと感じては思い出しどうしようかと悩んでいました。

    きっかけは2016年4月に起こります。震源地を熊本とした大きな地震が熊本を中心に九州全土に広がりました。被災者の安否や情報、募金活動や呼びかけなど多くの情報が流れてきました。

    すると、その情報の中の募金の中でポイントを活用して募金を行うという項目を見つけました。私は目から鱗でした。

    そしてハッと思い出したのです。Tカードのポイントがあるじゃないかと。私は早速調べてるとTカードのポイントを現金として寄付出来ることを知りました。その活用法に少額ながら3桁のポイントを全額寄付することにしました。

    私はとてもやってよかったと達成感と安心感に包まれました。

    こうやって、使い道が分からないポイントを活動基金として使う事の素晴らしさを感じました。このように役に立ってよかったと思いました。

  • クオカードで買い物しました!クオカードをもらったのは何気に初めてなので、どこで使えるのだろうかと興味本位で調べてみました。

    すると、意外なことに大手スーパーでは使えないことが判明し、使える場所は主にコンビニと書店であることが分かりました。私は本を読む人間ではないので、クオカードを使うならコンビニだな、と思いました。

    自宅から徒歩数分の距離にファミリーマートがありますので、私は早速そのファミリーマートへと出向き、買い物を始めたわけです。いただいたクオカードは1000円分でしたので、コンビニにあるものは大体買えます。
    一度に使い切るかどうかを迷ったのですが、どうせ貰ったものだから、とその日のうちに使い切ることを決めました。

    そんなわけで1000円を少しオーバーする値段分の食料や飲み物をレジに持っていき、クオカードと小銭を差し出しました。

    そういえば使い切ったクオカードは普通に捨てていいのだろうか、と疑問に思っていると、店員さんの方から「クオカードはこちらで処分致しましょうか?」と訊ねてくれたのです。それは助かる、と思いましたので、私はお言葉に甘えて処分をお願いしたのでした。

    いらなくなった商品券やクオカードの処分を引き受けてくれるのは非常に助かります。
    今回のことで、私の中のファミリーマートの株はだいぶ上がりました。

  • 新しいサービスに現場がついていけていなかった例をご紹介ですが…。

    ドコモショップで作れるクレジットカード「DCMX」カード。去年12月にデザインや名称が一新され「dカード」となりました。今まで以上に色々なサービスが付属され、クレジット機能の無いポイント専用カードなども新しく作られました。

    ローソンではdカードでポイントが貯められ、ポイント使用で買い物もでき、尚且つクレジットカードとしての使用で3%の割引きになるなど便利なサービスがありました。

    私が元々持っていたDCMXカードも新しいdカードとなって手元に届き、ポイントもかなり貯まっていたのでローソンで利用しようと思いました。

    今ではテレビで頻繁にdカードのCMを目にしますが、サービス開始直後は今ほどCMはやっていませんでした。

    新しいカードですし、本当にサービスが使えるのか少し不安に思いましたが、実際店頭には「dカードのポイントが貯まる・使える」というのぼり旗が飾られ、レジにもPOPが飾られていました。

    商品を持ってレジへ行き、「dカードのポイント払いで」と伝えると、ローソンの店員は不思議そうな顔。

    私は「これですけど」とレジのPOPを指差しましたが、私のカードはクレジット機能つきで銀色。POPは赤と白のポイント専用のカードの表示だったので店員はそれでも理解できない様子。

    そして「Pontaカードはお持ちですか?」と聞いてきました。dカードのポイント払いがしたいのにPontaカードで更にポイントがつくっておかしくない?と私は疑問に思い、「Pontaにもポイントがつくんですか?」と確認すると「多分大丈夫だと思います」と何とも適当な返答。

    結局店員はdカードをレジに通しPontaカードにポイントをつけて私に返しました。渡されたレシートには「クレジット払い」の印字。

    これはどう考えてもポイント払いではなくクレジット払いだろうと思い、私はその日の内にローソン本社にメール問い合わせをしました。ローソンはすぐに対応してくれて、クレジット払いになってしまっている確認と店員の情報の周知不足の謝罪がありました。

    日々サービス内容が変化して現場の店員は本当に大変だと思います。が、せっかく使おうと思ったサービスが受けられないのでは、消費者はがっかりしてしまいます。

    一旦始めた以上は責任を持ってやって貰いたいと実感した体験でした。”

  • もともとはレンタルビデオやレンタルCDで利用していたTポイントカード。

    カルチャーコンビニエンスクラブ(以降CCC)が様々なサービスにも適用してきたため、クレジットカードサービスも付加して、一般の街中の買い物に際しても、このクレジットカード機能で買い物をして、Tポイントをためることにしています。

    そして、単身赴任をしているため、最寄りのコンビニエンスストアであるファミリーマートもかなり愛用しています。

    たまったポイントはほとんどファミリーマートでの買い物に利用することにしています。

    ファミリーマートでの買い物では、通常は200円に1ポイントしかTポイントがたまらないので、ファミリーマートはためるよりも利用する頻度のほうが圧倒的に高くなっています。

    ポイントサイトやアンケートサイトでも、Tポイントをためることができるので、日常のクレジットカード利用のポイント獲得に付加すると、かなりお得にためることができます。

    また、ファミリーマートのお買い物でも、キャンペーンで100円あたり1ポイントがたまることもありますので、そこを狙って買い物を行うといったことも欠かしません。

    ちょっとした日常生活の節約にも役立っているのが現実です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です