使いこなそう!リクルートカードで使う電子マネー

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2016

1位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
2位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
3位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
4位
6か月3%!iD、クィックペイ搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

使いこなそう!リクルートカードで使う電子マネー
クレカ嬢が解説するヨ!

JCBブランドならQUICPay(クイックペイ)が使える!

JCBブランドを選ぶと電子マネーのQUICPayの
①おサイフケータイ
②クレジットカード分離型(専用カード)
を発行ができます。自分のライフスタイルに合わせて便利に使ってください。

専用カードであれば、お財布にはクレジットカード、QUICPay専用カードは例えば定期入れやスーツのポケットに入れて簡単に持ち運ぶなど、使用する場面に応じてスマートに決済する使い方もいいですね。

QUICPayでの利用分も利用金額に応じて1.2%(リクルートカードプラスは2%)のポイントが加算されるから、クレジットカード分と併せてポイントを貯めることができて、とてもお得。

 

クイックペイの使い方

導入方法は、
カードタイプはカード発行後、JCBでQUICPayカードの発行手続きをする。しばらくして専用カードがとどきます。
モバイルタイプはスマートフォンでアプリからリクルートカードを設定すれば設定できます。

つかいかたとしてはQUICPay加盟店舗にて、決済時にカードもしくは携帯電話をかざすだけで決済が完了します。非常にスムースで簡単。
クィックペイ加盟店は全国に多数あるので、けっこうどこでも使えます。

ポストペイ(後払い)方式」を導入しているQUICPayは、支払いはクレジットカードの利用分とQUICPayの利用分を合わせて請求されて、
クレジットカード支払い日に決済される。だから、他の電子マネー(例えばPASMO)のように残高を気にしないで、お買い物ができるから、ラクチンです!

 

QUICPay nanacoでつかう

クイックペイとnanacoをよく使いたい、そんな方は、QUICPay nanaco(クイックペイナナコ)をつかうとよい。(QUICPayはJCB限定です)
クイックペイでつかうときもポイントは1.2%(リクルートカードプラスは2%)、

○そしてナナコはリクルートカードでチャージすることで、

チャージ時1.2%+ナナコ利用1% = 合計2.2%

のポイント還元率となる。(リクルートカードはもっとよいのですが、2016.9.16~はチャージ時ポイントが付かなくなります)

nanacoが使えるお店ではnanacoで、還元率アップ!

特に使いたいときは、公共料金のコンビニでの現金払いをしている方!

nanacoにチャージすることで、nanaco払いができる。
そのとき、公共料金なので,nanacoポイントは付かないけれど、チャージ時のクレジットカードポイントが付くので、
ひと手間いるけれど、ぜひnanaco払いに切り替えたほうがおトクですよ!

nanaco(ナナコ)はオートチャージ設定はできないので、まめにnanacoのwebサイトからチャージをしてください。
nanacoモバイルにしておくと、いつでも手元でチャージできるからさらに便利ですね!

 

auWALLETに「かんたん決済」でチャージする。
リクルートカードのVISAだったら、auのケータイ、スマホ料金とともに引き落としされる、auのかんたんな決済方法である「auのかんたん決済」のしはらいに設定できます。

auWALLETも200円ごとに1ポイント(auWALLETポイント)つく、それとクレジットカードのポイント(リクルートポイント)が、リクルートカードなら1.2%

ということは、合計1.7%の還元率になるってことです。
10万円つかえば、1700円分のポイントが付く!

これは、、、利用する価値ありですね!


リクルートカード関連カード

 

リクルートカード
リクルート
カード

リクルートカードプラス
リクルートカード
プラス

 

おすすめクレジットカードランキング2016

1位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
2位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
3位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
4位
6か月3%!iD、クィックペイ搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!