SoftBankの人は持つべき「ソフトバンクカード」

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2016

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

SoftBankの人は持つべき「ソフトバンクカード」

softbankcard.jpg

今や「ポイント戦国時代」と言われており、通信事業者も決して例外ではありません。
NTTドコモは「dポイント」というポイントサービスをはじめて、auも「au WALLET」という電子マネーを導入しています。

ソフトバンクカードとは?

そんな中、大手者の通信事業者の最後の1社であるソフトバンクも、現在はTポイントと提携しており、ソフトバンクでは新たにプリペイドカードの「ソフトバンクカード」を発行しています。

 

プリペイドカードと言いましても、見た目はクレジットカードを見分けがつきません。
VISAブランドが搭載されていますので、世界各地にあるVISA加盟店でクレジットカードと同じように利用できます。

 

2015年3月6日に新しくできたソフトバンクカードとは?

 

・SoftBankの携帯、スマホユーザーが無料で作れる、おトクで小銭いらずなプリペイドカード。
・Tポイントカードにもなっていて、Tポイントが最大3倍貯まる!
・全国、全世界のvisa加盟店で使えるからいつでもどこでも使える便利なカード

 

ですネ。

 

AUユーザーにおトクな電子マネー、auWALLET(auウォレット)のソフトバンク版といえます。⇒auWALLETとの違いはこのページの最後に♪

 

プリペイドカードというのは、前もってチャージして使うカードなんだけど、口座から自動的に「おまかせチャージ」できる機能もある。

 

最初に結論からいうと!

 

このカードの利点、メリットは!

 

  • ソフトバンクカードの利点、メリットはコレダ!
  • Tポイントカードがわりになる。、しかも、Tポイントが最大3倍貯まるのでおトク!
  • 家族や友達などが持っているソフトバンクカードにも送金できて便利。
  • 小銭いらずのキャッシュレス決済。
  • VISAのお店で世界中で使える、けれどプリペイド額しか使えないため使いすぎない。
  • 審査不要で12歳から持てる!


プリペイドカードなので、クレジットカードのように入会審査がいらないこと。
ソフトバンクの携帯ユーザーであればすぐにゲットできる。
しかも12歳から持てる!
子供が日常現金なしで、ちょっとした買い物をするのにも使いやすい。
チャージされている金額の範囲でしか使えないので、逆にお子様が使いすぎないようにできる。
安心ですね!

 

それぞれお、くわしくみていこう~!
その前に、どうやって始めたらいい?入手方法は?

ソフトバンクカードの始め方

ソフトバンクカードは、通信事業者のソフトバンクが発行するプリペイドカードで、提携しているTポイントをためたり使ったりができる便利なカードです。
しかし、ソフトバンクはあくまでもプリペイドカードであり、そのままの状態では役に立ちません。

 

まずは「ソフトバンクカードはどこに行けば手に入るのか?」ですが、誰でも持てるわけではありません。
前提条件として、ソフトバンクの携帯電話を契約している人でなければなりません。

 

その上で、12歳以上の人であれば発行可能です。
クレジットカードが18歳以上からしか持てないことを考えれば、クレジットカードと遜色ない機能を持ったソフトバンクカードはうれしいですね。

 

ソフトバンクカードの申し込みは、インターネットなどからは行っておらず、全国各地にあるソフトバンクショップで申し込み可能です。

 

申し込みがなされると、特に審査をされることもなく即日発行されます。
もちろん、入会金や年会費などは一切かかりません。

ソフトバンクカードにチャージをする

ソフトバンクカードを手に入れただけでは、まだ使えません。
プリペイドカードですので、カードにチャージ(入金)をしなければなりません。

 

チャージの方法は全部で5つあります。
「おまかせチャージ」は事前にチャージをする必要がないサービスで、自動的にチャージをしてくれます。

「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」は、チャージした金額をソフトバンクの携帯電話などの利用料金と一緒に支払うサービスです。
新たな登録なしですぐにチャージできます。

 

「Tポイントでチャージ」という方法もあり、ソフトバンクカードで貯めたTポイントを使ってチャージができます。

 

「口座振替チャージ」は、ジャパンネット銀行口座をお持ちの方であれば、利用できます。
ジャパンネット銀行以外の銀行口座をお持ちの方でしたら、「銀行振り込みチャージ」が便利です。
ただその場合も、ジャパンネット銀行に口座を開設しなければなりません。

 

それぞれ、のちほどさらに詳しく解説します!
使い方は、クレジットカードのような使い方ですので簡単ですね。
レジに渡してスライド式の読み取り器で読み取ってもらえば、サインレスで使えます。

ポイントが貯まる!倍増!

前述したように、ソフトバンクはTポイントと提携しており、ソフトバンクカードもTポイントが貯まるようになっています。

 

全ての店で200円利用ごとに1ポイントのTポイントが貯まるようになっており、さらにTポイント提携先で使えば、利用金額に応じてさらにTポイントが貯まるようになっています。

 

ソフトバンクの携帯電話を利用していれば、「おまかせチャージ」を利用することで、携帯電話の利用料金に応じたTポイントをためられるのです。

 

貯まったTポイントは、1ポイント=1円としてTポイント提携先でのお支払いに利用できるなど、従来のTカードと全く遜色ない使い勝手ですので、Tポイントユーザーも注目のカードです。

 

通常のお買い物のときにも、ソフトバンクの携帯料金支払いにもおトク!
まずはショッピング

VISA加盟店でソフトバンクカードでお買い物して貯める

あらかじめチャージをしたソフトバンクカードを使ってお買い物をすることによって、利用金額に応じたTポイントが付与されます。

 

一般のVISA加盟店で利用すれば200円利用ごとに1ポイントのTポイントが貯まるのですが、それよりもさらにお得に貯める方法があります。

 

通常:200円ごとに1ポイント

  • Tポイント加盟店で使う

Tポイント加盟店ならば、通常の200円利用で1ポイントのTポイント付与以外にも、利用金額に応じてさらにTポイントが付与されます。

 

ガストやファミリーマート、エネオスなどTポイント加盟店はたくさんあり、しかも使い勝手の良いお店ばかりですので、無理なくTポイントをダブルで貯められます。

  • おまかせチャージを使う

おまかせチャージ:100円ごとに1ポイント (通常の2倍)

 

さらに、Tポイントの提携先なら、そのショップに応じて+Tポイントが貯まる。

 

例えば、TSUTAYA(ツタヤ)の場合は。。

softbankcard3.png

なんと還元率2%。
ほかにも提携店はGYAO! 毎日新聞 Yahoo! カメラのキタムラなど、たくさん。

 

Tポイントについてはコチラを参考に!

 

おまかせチャージってなに? 。。。のちほどさらに詳しく説明しますね。

 

おまかせチャージ契約なら、携帯電話料金をの支払いで!最大3倍!

 

ソフトバンクカードのおまかせチャージ契約をしている人は、携帯料金の支払いもソフトバンクカードでできます。

 

もともと通常は、通信料1000円ごとに5ポイント、Tポイントが貯まるところ、
おまかせチャージだと!

softbankcard4.png

ということで!「おまかせチャージ」が一番おトクなチャージ方法だってことはわかりましたね!さて、おまかせチャージとは?

チャージ方法は5種類

おまかせチャージ

ソフトバンクカードへのチャージ方法には全部で5種類あるのですが、その中で「おまかせチャージ」ならば最も効率的にポイントをためることができるチャージ方法です。
事前にチャージする必要がなく、不足分の金額を自動的にチャージしてくれる便利な機能です。

おまかせチャージを利用すれば、通常は200円ごとに1ポイントのところ、何と100円利用ごとに1ポイントのTポイントが付与されて、2倍のスピードでTポイントをためられます。
さらに、前述したようにソフトバンク携帯電話の利用料金も、おまかせチャージを使っている人ならばTポイント付与の対象です。

 

通常プリペイドは事前チャージが必要なんだけど、「おまかせチャージ」に設定しておくと、それが不要に。
お支払時に「プリペイドバリュー」(このソフトバンクカードで使えるプリペイド金額)を自動的にチャージしてくれる。

 

。。。。うっ?

 

わかりづらい。

 

要するにいざお会計、というときに、チャージ分が不足したら、その時点で不足分がチャージされる。
残高0だったら、全額チャージしてくれる。

 

。。ってことで、プリペイドなんだけど、事前チャージ不要。支払うと同時にチャージされるしくみ。

 

この方法だと、通常のポイントの2倍、100円ごとに1ポイントが貯まるのです。

softbankcard2.jpg

お支払いは、毎月まとめて口座振替になる。(末日締め、翌27日支払い)。
現時点では、それにクレジットカードは使えません。

 

そのお支払いをさらにリボ払いにすることもできる(あとラク払い)。でもそれは手数料がいるので、ちょっともったいないね。

ソフトバンクまとめて支払いチャージ

これは「auかんたん決済」と同様の方法。
スマートフォンやパソコンなどで購入したデジタルコンテンツやショッピングなどの代金と一緒に、携帯電話料金とをまとめて支払いするチャージ方法です。1回あたりのチャージ金額は1万円が上限、1日100万円が限度額でチャージ手数料も無料。

 

「おまかせチャージ」のようなポイント2倍の優遇はないけれど、限度額がはっきりしているほうがいい場合は、コチラで設定しよう。

 

口座振替、Visa/MasterCardのクレジットカード、または請求代行サービスで支払いができるので、
Visa/MasterCardのクレジットカードでクレジットカードポイントもさらにゲットできるはず。

 

⇒例えば下記をはじめとしたVisa/MasterCardカードで、設定できますよ!
三井住友VISAカード(Visa/Master)…Visa/Masterの基本ステータスカード

以下のカードは、Tポイントが貯められるクレジットカード
Yahoo!JAPANカード(visa)

Tポイントでチャージ

ソフトバンクカードで貯めたTポイントをチャージにつかう。ただしこれは、ちょっと目減りして損が発生。

 

100ポイントはふつうにお買い物に使えば100円分なのに、ソフトバンクカードへのチャージ時には85円分にしかならない。15円分が目減りする形なので、あまりお勧めしません。Tポイントが使えるところは山盛りあるので、他で使おうね!

口座振替チャージ(ジャパンネット銀行)

ジャパンネット銀行の個人口座を持っている方なら、手数料無料でチャージができます。チャージ上限は、「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」と同様、1回あたり25,000円、1日あたり100万円。

 

この場合は、チャージした金額が「プリペイドバリュー」ではなくて「現金バリュー」。
どういうことかというと、、、、

 

海外のVIsa-PLUSマークのATMで引出しできるのが「現金バリュー」。
通常のソフトバンクカードでのお買い物なら、「プレイペイドバリュー」でも「現金バリュー」でも大丈夫なので、意識することはないですね。
ジャパンネット銀行の詳細はコチラ

銀行振込チャージ

お持ちの口座から振り込むチャージの方法は、振込手数料がかかる。
そしてそれは各銀行によるので、振込み手数料が無料のほうがもちろんイイ!

 

毎月の自動口座振替の依頼をするとき、銀行は、振替手数料が無料のものを選びたい!

 

振込手数料無料の銀行
住信SBIネット銀行なら月3回まで他行宛ての振込手数料も無料、
新生銀行も利用額によって無料回数が増えるので、おすすめです!
楽天銀行は条件付で無料になります!

さらに!お得なキャンペーンを狙う

ソフトバンクホークスと連動したキャンペーンや、Tポイント加盟店を利用するとポイントアップになるキャンペーンなどがあります。

さらに、「得するモール」や「T-MALL」などのTポイントが貯まるモールを経由してインターネットショッピングをすれば、通常のTポイント以外にも別途ポイントが付与されます。

 

加盟店もYahoo!ショッピングなど人気サイトが目白押しです。
ソフトバンクらしいキャンペーンがありますので、お見逃し無いように。

セキュリティ面は?

カードは2種類でお父さんの写真が載っているカードと黒い高級そうに見えるカードがあるんだけど、ICチップは付いていないので、海外で利用する場合はスキャニングには注意が必要ですね。

 

でもいずれ、ICチップのある携帯、スマホでの利用に変わっていく可能性があるようです。

 

プリペイドカードで不正利用の場合は、補償はされないようなので、そこはご注意を!

 

ただ、このカードを利用したとき、チャージをしたときにはSMSかメールでお知らせがくるので、不正利用がすぐわかる。情報変更なども、ワンタイムパスワード認証が必要なので本人以外にはできないので安心です。

 

オンラインショップでも、カードの裏のセキュリティコードがないとだめ、本人しか知らないパスワードも必要、ということで2重に守られています。

ソフトバンクカードのデザイン

ソフトバンクカードのデザインは、2種類から選ぶことができます。
まずはソフトバンクといえばということで、白い犬である「お父さん」デカデカとデザインされたカード。

 

そしてもう1枚は、見た目ではソフトバンクカードとは分からないようなシックなブラックの券面のカードです。

softbankcard3.jpg

申込時にどちらか選べますので、かっこよさを重視するならブラック、「ネタ」として使うのであればお父さんデザインの方がいいですね。

auWALLET(エーユーウォレット)との違いは?

AUユーザーのためのauWALLETも、ソフトバンクユーザーのためのソフトバンクカードも、プリペイドカード。auウォレットはMasterCard加盟店で、ソフトバンクカードはVisa加盟店で使えます。
加盟店数的にはそれほど変わらないですね。

 

チャージ方法もそれぞれいろいろ選べるけれど、チャージ金額の上限がauウォレットは1回の上限が25,000円、最大で10万円だけれど、ソフトバンクカードは最大100万円と、その10倍までチャージできるところは大きな違い。
「おまかせチャージ」になると、そのまま不足分をチャージできるので、限度額がそもそもありません。

 

ほぼクレジットカードそのものの使い方ができるのが「ソフトバンクカードですね!

 

貯まったTポイントは、1ポイント=1円としてTポイント提携先でのお支払いに利用できるなど、従来のTカードと全く遜色ない使い勝手ですので、Tポイントユーザーも注目のカードです。

チャージでクレカポイントを貯めるには

プリペイドカードや電子マネーを使うにあたって、いかにポイントをためるかは非常に重要です。
その際には、実際に利用してポイントが貯まる以外にも、プリペイドカードや電子マネーにチャージ(入金)してポイントをためる方法も大切。

ソフトバンクのプリペイドカード「ソフトバンクカード」では、そのあたりどうなんでしょうか。

  • クレジットカードから直接ソフトバンクカードへチャージはできない

他の電子マネーやプリペイドカードとは異なり、ソフトバンクカードの場合はクレジットカードからの直接チャージはできません。
ソフトバンクカードには5つのチャージ方法がありますが、いずれのクレジットカードによる直接チャージではありません。

 

ちなみに以前、同名のクレジットカードがありましたが現在では発行されていません。

  • ソフトバンクまとめて支払いチャージ+クレカ

しかし、あきらめるのはまだ早いです。

 

少し前述しましたが、
「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」を利用すれば、間接的にではありますがチャージによってポイントをためられます。

 

ソフトバンクまとめて支払いチャージは、ソフトバンクカードにチャージした金額を毎月のソフトバンクの利用料金と一緒に支払うサービスです。
利用料金を「クレジットカード払い」にしておけば、1000円単位でチャージができて、1回あたり最低で4000円、最高で10000円のチャージが可能です。

 

利用料金の支払で得をするカードが、ソフトバンクカードで得をするカードともいえますね。

 

  • VISAとマスターブランドのクレカならポイント2重取り!

ソフトバンクの利用料金支払いは、VISAとマスターブランドでしか受け付けていないので、それ以外の国際ブランドは除外します。
JCBなどはチャージできません。

 

世界的にも信頼されるクレカの「三井住友VISAカード」でも、チャージ可能。

 

誕生月を狙うならばライフカードもおすすめです。
年会費無料で誕生月は還元率が2.5%にアップします。

 

リクルートカード」もねらい目です。
還元率は1.2%。

 

おすすめは、共通ポイントである「Tポイント」が貯まるクレジットカードがやはり一番効率的。
それが「Yahoo!JAPANカード」!

 

クレジットカード利用で還元率1%だけでなく、Tカードとしてのポイントをためる機能もあります。

 

少し頭を使わなければなりませんが、それでもソフトバンクカードとクレジットカードの可能性、ないわけではありません。

新機能!「おくる機能」で送金

2015.12.1より新機能が追加されました。

 

他人のソフトバンクカードや国内の金融機関の口座(要するに普通の銀行の口座)に、ソフトバンクカードの「バリュー」を送ることができるようになったのです。

 

家族へのおこづかいや仕送り、銀行口座への送金も。「おくる、もらう」がとっても簡単に、スマホでできてしまいます。

 

他のソフトバンクカード会員に送るのは、1回あたりの上限、10,000円で手数料なし!で1ヶ月5回まで。
金融機関の口座には、1回あたりの上限は25,000円で手数料は216円(税込)で1ヶ月の上限回数は2回まで。

 

その「バリュー」には2種類ある。
「プリペイドバリュー」というプリペイド(前払い)でカード内に貯めている金額と、不足したら自動的にチャージされていく現金バリュー」の2つだ。
他のソフトバンクカード会員にはプリペイドバリュー、現金バリュー、どちらでも遅れますが、銀行口座には、現金バリューしか送れません。

 

「おまかせチャージ」や「ソフトバンクまとめて支払い」を利用しておれば、不足額も自動的にチャージされます。

 

スマートフォン専用

 

割り勘にしたり、お買物や月謝の口座振込にも使える。ソフトバンクカードはTポイントカード替わりになるし「ツタヤ(TSUTAYA)」のレンタル会員証としても使えるし。う~ん、便利ですね!

おすすめクレジットカードランキング2016

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!