3分でわかる!Pontaのはじめかた&使い方!

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

3分でわかる!Pontaのはじめかた&使い方!

Ponta(ポンタ)ってどう始めるの?どう貯めるの?

pontalogo.png

今や会員数はTポイントを凌駕し、提携企業数もTポイントに迫ろうとしているのが「Ponta」です。

 

気になっている人も多いかもしれませんが、「Pontaってどうやって始めればいいの?」「Pontaはどう貯められるの?】と思っている方も多いでしょう。

 

そこでここでは、Pontaの始め方と貯め方について見ていきましょう。

Pontaの始め方

Pontaお始めるためには、まず「Pontaカード」を入手しなければなりませんが、Pontaの公式サイトからか郵送で申し込みをすると、1週間から2週間程度で自宅に到着します。

 

提携企業の中にはPontaカードの発行を行なっているところもあります。
まずはローソンで、ローソンPontaカードの発行を行なっているほか、クレジット機能の付いたPontaカードも発行しています。

 

その他には、昭和シェル石油ゲオなどでもPontaカードをゲットできます。
ゲオの場合、他社で発行されたPontaカードにゲオのレンタル機能を付けることも可能です。

Pontaの貯め方

Pontaの貯め方ですが、提携企業で買い物やサービスを利用する際に、Pontaカードを提示すると、100円もしくは200円の利用につき1ポイントが付与される仕組みとなっております。

 

Pontaには「Pontaポイントモール」というサイトがあり、ショッピングはもちろんのこと、有料会員登録や買取の利用などでもPontaポイントがたまるようになっています。

 

クレジット機能の付いたPontaカードであれば、提携企業以外でお買い物やサービスを利用した際も、クレジットの利用金額に応じてポイントがたまる仕組みとなっています。

まとめ

Pontaは先発のTポイントと比べても、貯まり方については遜色がありません。

 

弱みだったインターネットサービスも、Pontaポイントモールやリクルートグループとの提携で、一気に強化してきました。

 

すでに各ポイントを同価交換できるのですが、リクルートポイント自体がPontaポイントに変更になるということで、リクルートのサービス、例えば、じゃらんやホットペッパー、ポンパレモールなど、多くのサービスでPontaポイントがさらに貯めやすくなってきました。

 

さらにさらに、ローソンが「おさいふPonta」というプリペイドカードを始めます。

 

ソフトバンクカードでvisaのお店で使えてTポイントが貯まるように、auWALLETプリペイドカードがMasterのお店でauWALLETポイントが貯まるように、おさいふポンタは、JCBのお店でプリペイドカードとして使えます

 

「おさいふPonta」はあまり、還元率がよいとは言えないけれど、いつでもどこでもPontaポイントを貯めたい方には検討の余地ありですネ!

おすすめクレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

電子マネーPonta(ポンタ)おすすめページ