ANAも最小必要マイルが減少!ポイントをANAマイルに集約

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

ANAも最小必要マイルが減少!ポイントをANAマイルに集約

巷では様々なポイントが氾濫していますが、それらを個別に使うよりも1つのポイントに集約した方が無駄がありません。
ポイントの集約先として昔から有名なのがANAですが、最近ではさらに集約のメリットが高まってきています。

特典航空券に必要なマイル数が減少

これまで、国内線の特典航空券に必要なマイル数は、最も少ない東京-大阪間であっても1万マイルでした。
しかし、2015年4月から特典航空券に必要なマイル数の見直しが行われ、東京-大阪間は5000マイルから交換できるようになりました。

 

また、例えば福岡-羽田-サンフランシスコとつながる、地方出発の国際線特典航空券のマイル数も減少しています。
これまでは55000マイル必要でしたが、ルール改正により5万マイルに減少したのです。

 

マイルが使いやすくなるのは本当にうれしい!

様々なポイントをANAのマイルに集約

JALと比べると、ANAのマイルを集約先とすれば様々なポイントを集約することができます。

 

ファミリーマートやツタヤでたまる「Tポイント」は500ポイント=250マイルで、楽天グループでたまる「楽天スーパーポイント」は50ポイント=25マイルのレートでANAに集約できます。

 

また、「nanacoポイント」は500ポイント=250マイル、2016年4月6日からは「エムアイポイント」も2000ポイント=500マイルのレートでANAに集約できます。

メトロポイントが「キーポイント」

ポイントをANAに集約する際にぜひ持っておきたいクレカが、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」。
このカードのポイントプログラム「メトロポイント」が、ANAへポイントを集約する際のキーとなります。

 

例えば「Extreme Card」のポイントはそのままではANAのマイルに集約できませんが、Gポイント経由でメトロポイントに移行でき、そこからANAに移行可能なのです。

 

これを利用すれば、Extreme Cardの2000ポイントがANAマイル2700マイルになり、還元率は1.35%相当となります。
その他、ネットマイルやPeXなどのネット上のポイントも、メトロポイントに移行することができます。

 

東急沿線沿いでANAマイルを貯めたい、という方は、「ANA TOP&ClubQ PASMOマスターカード」が最適です。

ana_a-style.jpg

それらを含め、ANAカードを持っていれば、ANAマイラーにとってうれしい、ANAマイルが貯まる「ANAショッピングA-style」でのお買い物がさらに5%OFF!ANAマイラーなら知っておきたい!
⇒ANAカード

おすすめクレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!