実際に買ったものを家計簿アプリ【MoneyForward】でつけてみた

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2016

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

 

前回は、

アプリをインストールしてから、

実際にカードを登録するまでを

紹介しました!

 

「果たして上手く使いこなせるか?

家計簿アプリ【MoneyForward】生活

始めます(笑)」

 

 

その後、新たに銀行と連携をしたり、

買ったレシートで

家計簿つけてみたりして、

お~っとなることがあったので、

紹介していきたいと思います。

 

銀行との連携

まずは、他のカードと同じように

マイページの下の方にある

口座をタップし、

右上にあるメニューから

口座追加をタップし、

連携先を選択します。

 

主要なものは、

「銀行欄」にありますが、

地方銀行などは、

「その他の銀行」

選択するといいかと思います。

 

連携したい銀行を選択したら、

必要情報を入力し、

連携するをタップすれば

完了です!

 

簡単すぎますね(笑)

 

ここで注意していただきたいのが、

必要情報は、口座番号などではなく、

ネットサービスに

ログインするための

情報を入力します。

 

口座番号やお金を預けたり、

引き出したりするときに使う

暗証番号等は、

一切入力しません。

 

入力した情報は、暗号化し、

管理されるので、

情報漏えいの危険性も

少なく安心です!

 

ただ簡単なパスワードや

利用している環境など、

自身の利用状況によって、

情報が漏えいする場合も

ありますので、

 

・安易なパスワードにしない

 

・利用環境

(設定時に人に見られないようにする)

 

・FaceBook等との連携は

なるべくしない

 

などの対策を行うことは大切です。

 

連携が完了したら、

残高が一目で分かったり、

ATMなどでお金を出し入れした履歴が

一目で分かったり、

管理がとっても便利になります。

今いくらくらいあるんだろう~

と思ったら、

【マネーフォワード】を

見たらすぐ分かるので

便利ですね!

 

レシートで家計簿!

次は、実際に買ったものの

レシートを家計簿につけてみました!

 

やり方は、とっても簡単!

 

マイページの下にある

「入力」をタップし、

 

 

右上にあるレシートと

書かれたとこを押して、、、

 

レシートを撮るだけ!

 

レシートを撮影したら、

読み取った情報が出てくるので、

内容に問題がなければ、

「保存」を押して完了!

 

早すぎですよね!

10秒くらいで終わっちゃいます(笑)

 

入れた情報は、

こんな感じで見れます。

 

また、読み取られた内容が

正確ではなかったりする場合に、

内容を変更することも可能です!

 

日付を変えたり、

 

カテゴリーを変えたり、

簡単にできます。

 

もちろん手動で

入力することも可能です。

 

とっても簡単なので、

気軽に使えそうですね!

 

さあ、ズボラな私でも

続けることができるのでしょうか!

 

乞うご期待です!(笑)

 

今のところ、

楽しんで買ったものを

つけることはできていますが、

これが節約等につながっているか

と言われれば、、、

 

イマイチ分からないです…(汗)

 

他にもいろんな機能が

あるみたいなので、

もう少し使い込んでみて、

使った感想を

またお伝えしたいと思います!!

おすすめのカードがこちら!

おすすめクレジットカードランキング2016

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

電子マネー楽天カードおすすめページ