知って得する!【クレジットカード納付制度のアレコレ】

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

いよいよ、間近に迫ってきた

”クレジットカードによる納付制度”

 

「利用できる時間帯」や、

「準備が必要なもの」、

「決済手数料について」

など、

利用するにあたって、

気になる情報を

まとめてみましたので、

ぜひ、参考にしてみてください!

 

【クレジットカード納付で準備するもの】

クレジットカード納付を行う際に、

2つ準備するものがあります。

 

それは、、、

 

①国税の申告書や税務署から

送られてきた各種通知書など

納付する税目や金額が分かるもの。

 

②支払いに使いたいクレジットカード

(Visa、Mastercard、JCB、

American Express、Diners club)

です。

 

これらは、手続きを行う上での

入力項目になっています。

 

【利用可能な時間】

24時間利用可能です。

 

夜間でも休日でも利用できるので、

忙しいひとでも合間をぬって、

手続きを行えるので

便利ですね!

 

ただ、メンテナンス作業等で

利用できない場合もあるので

注意です!

 

【決済手数料について】

決済手数料は、

国税庁長官が指定した

民間の納付受託者が

決定するものです。

 

これは、

納付受託者が国に納付したあと、

利用者からの代金が

支払われるまでの間に、

若干期間があくので、

代わりに代金を支払っておくための

”リスクを負うこと”と、

”手間賃”として支払うもの

とされています。

 

尚、この手数料は受託者に

いくので、

国の収入になるわけではありません。

 

【延滞税・利子税に関すること】

クレジットカードの

利用代金引き落とし日が、

法定納期限よりも

後になってしまうかも(汗)

って方も出てくるかと思いますが、

安心してください。

 

たとえ、カード利用引き落とし日が

納付期限より後になったとしても、

延滞税や利子税は納付手続きが

完了した日を以て、

計算するようになっているので、

手続きさえ完了していれば、

延滞税等はかからないので

大丈夫です。

 

ただし、手続きが遅れると

延滞税等が発生しますので

注意が必要です。

 

【領収書発行】

クレジットカード納付では、

領収書を発行することは

できません。

 

領収書がほしい場合は、

窓口にいって納付するしかなく

その場合、

クレジットカードは使えません。

 

【クレジットカードに関すること】

・クレジットカードの

支払い回数は選べる

 

・家族カードも利用可

 

・金融機関やコンビニ、窓口では

クレジット納付はできない

 

【次回からのクレジットカード納付】

一回、クレジットカード納付したら、

「次からは自動的に支払われるように

なったりするんじゃ?」

って思いがちですが、

一度、クレジットカード納付を

利用したとしても、

次回から自動納付できるように

なるわけではなく、

その都度手続きは必要になります。

 

【複数まとめて納付】

複数の税目を

一気にまとめて納付できたら、

さらに便利だ!

って思う方もいらっしゃるかも

しれませんが、それはできません。

 

一税目ごとに、

ちゃんと手続きを行わなければ

いけません。

 

いかがでしたか?

 

お家にいても、

納税可能になるこの便利な制度。

 

始まったら利用してみたい!

って方も多いかと思いますが、

どんな制度なのか、

気をつけるところはないか、

利用するまえに、

今一度確認してみてください!

おすすめクレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!