体験!P-oneカードの魅力とは?

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

体験!P-oneカードの魅力とは?

なんでもかんでも1%オフ!!

 

全てのものが請求時に1%オフになるPワンカード。以下の4種類があります。

P-oneカード<Standard>

p_one

年会費無料
カード請求時に自動で1%OFFとなる。ポイントは付与されない。

P-oneカード<G>
p_one_g

年会費3000円(税抜き)
カード請求時に自動で1%OFF、カードショッピング1,000円ごとに1ポイントのポケットポイント付与される。海外・国内旅行の傷害保険が付帯される。

P-oneカード<Premium Gold>

p_one_gold.gif

年会費10,000円(税抜き)
カード請求時に自動で1%OFF、カードショッピング1000円ごとに1ポイントのポケットポイント付与される。海外・国内旅行の傷害保険が付帯される。また、年間50万円以上の利用で、ポケットポイント1000ポイント付与される。

P-oneカード<Wiz>
p_one_wiz.gif

年会費無料
カード請求時、自動的に1%OFF、カードショッピング1000円ごとに1ポイントのポケットポイント付与される。月末の利用残高に応じて月々の支払いが決まるリボ払い専用カード。全額一括支払いの月は、手数料無料となる。

※ポケットポイントの1ポイントはキャッシュバックで換算すると、1ポイントあたり3円で計算されます。

 

この上記の4種類のカードの中で、一番お勧め出来るのは、年会費無料のP-oneカード<Standard>でしょう。
クレジットカード払いが出来る全てのもの(金券類、たばこなど一部を除く)が請求時に1%オフとなります。
この常時1%オフが、PーONEカードの一番の強みです。

 

私は、PーONEカードをメインにしていた時は、毎月かかる水道代、電気代、ガス代、プロバイダー料金、携帯電話代、定期代、昼食代を全て
クレジットカード払いにすることで、1000円~1500円程度の割引となっていました。

 

(ただし、水道代、電気代、ガス代などについては地域によってはクレジットカード払いが出来ないこともあるので、要注意です。
また、クレジットカード払い出来たとしても、口座引き落としすることによって割引が適用される地区もあり、この割引のほうが、
クレジットカード払いにするよりもお得になることもあります。)

 

実はこのショッピング1%オフのサービスに以前はポイントも付与されていました。
1%オフ+ポイント付与だと、加盟店手数料が低くなっている公共料金などの引き落としで利用されると、会社としては赤字になっていたらしいです。

 

しかし、公共料金をクレジットカード払いにするということは、メインカードとして利用してくれるであろうという考えで、赤字でも良しとしていたとのことです。
この考えが変わったのでしょうね。最近は、年会費無料のPーONEカードスタンダードは、ポケットポイントが付与されなくなり、1%オフの割引のみとなりました。

 

ちなみにPーONEゴールド、プレミアム・ゴールドについては、年会費がかかりますが、ポケットポイントも付与されますし、旅行などに頻繁に行くのであれば、傷害保険も付帯されていますので、旅行のたびに短期の傷害保険に入ると何千円とかかりますので、場合によってはお得かと思います。

 

また、PーONEゴールドの年間50万円以上の利用で、ポケットポイント1000ポイントプレゼントというのもいいですね。
公共料金、携帯代金などをカード払いにすれば、これはすぐにクリアー出来る数値だと思いますし、期間によってはボーナスポイントキャンペーンもやっていますので、メインカードにすれば、年会費分の元をとるのはそこまで難しくないと思います。

 

特典、内容変更が多いカードです。要こまめにチェック!

とにかく、特典の変更、カードスペックの変更が多いカードです。

 

私が営業部員として在籍していた8年以上前は、7日にクレジットカード払いするとポイント10倍になる、
ワーナーマイカル(現イオンシネマ)で、クレジットカード提示をすると通常料金より300円引きになるなどの特典がありました。現在は、全て廃止しており、これらの特典が無くなったことで、脱会がすごく増えた時期もありました。

 

以前、ポケットカードで正社員として店頭募集している時も、お客様より、「クレジットカードに入会する時は、年会費永年無料と聞いていた。しかし、今年は年会費を徴収された。どういうことだ?」

 

お客様の持っているクレジットカードを見せてもらうと、ポケットカードが発行している「コーナンカード」(ホームセンター「コーナン」で利用するとポイント付与率がP-oneカードの2倍~3倍付与される。年会費無料)でした。

kohnancard.png

そして、調べてみると、コーナンカードについては、1年間利用が無いと、年会費がかかるという条件が後から追加されていました。(前年度に利用が一度も無いと1250円の年会費がかかります。現在も適用されています。)お客様がびっくりするのも無理はありません。

 

もちろん、請求書、ホームページなどでは告知していますが、これをきちんと見ている人はあまりいないと思います。(ましてや、1年間利用が無いということは、それだけ感心がないクレジットカードですから、案内などを郵送しても見ている人は、ほとんどいませんでした。)

 

また、Pーoneカードの前は、マイカルカードの名前で発行されており、スペックもPーoneカードどほぼ同等でした。
このマイカルカードも、会社都合で廃止し、マイカルカード保持者には、同意も得ず、Pーoneカードへの強制切り替え(お客様に言わせると、マイカルカードを持っていただけで、勝手に新しいカードが送られてきた。そして、マイカルカードは利用出来なくなった。何故、そんな勝手なことが出来るんだ?とのことです。)

 

退職した会社の悪口を言うつもりはありませんが、お客様の立場を考えず、会社都合の勝手な変更があった記憶があります。
しかしながら、このPーoneカードのスペック自体は、素晴らしいものがありますので、もし、保持するのであれば、会社から送付される案内には気をつけたほうが良さそうです。
特に年会費については、上記のようにいきなり徴収してくる可能性もありますので、注意が必要かと思われます。

意外と知らない?JAF以上のロードサービスが、格安!

実は、このPーoneカードに付帯することが出来るロードサービス保険があります。このロードサービスは、JAFで入会するより、年会費が格安であり、補償対象者もクレジットカード会員本人だけではなく、同居の家族まで対象となるものです。
尚、この保険は2種類あり、補償内容などは以下のようになっております。

カーライフほっとらいん…年会費700円(税抜き)

車の緊急トラブル(車両故障、タイヤパンク、カギ閉じ込め、バッテリー上がり、ガス欠、オイル漏れなど)に24時間365日対応してくれます。

 

また、事故・故障発生時のサポートサービスとして、帰宅費用を1人20,000円、宿泊費用を1人15,000円まで出してくれるのも嬉しいサービスですね。

 

JAFの場合でしたら、会員本人のみが対象となり、年会費が4000円かかります。(但し、JAFの場合は、カード提示することで飲食代金、カラオケ、ボーリングなどの遊具施設の利用料金が割引になったりする場合があります。)

ポケット・サポートサービス…年会費1800円(税抜き)

上記のカーライフほっとらいんにプラスして、下記内容のハウスサポートが付与されます。

水周り応急処置

トイレ、給排水管などのつまりの除去、故障におけるあふれの応急処置が対象となる。
(1回目のみが無料。2回目以降は有料となります。)

玄関の鍵開け

玄関の鍵紛失時の開錠作業を行ってくれます。
(1回目のみが無料。2回目以降は有料となります。)

引っ越し業者、ホームセキュリティーなどの業者紹介

実は、私は「玄関の鍵開け」のサービスを利用したことがあります。30分ぐらいで作業員が到着し、10分程度の作業時間で開錠してくれました。

taiken_pone3.png

 

上記の保険に入ると、↑のように緊急時の連絡先が入ったカードがクレジットカードとは別に届きます。財布にも入りますので、電話をする時に慌てずに利用することが出来ました。


P-oneカード<スタンダード>

ショッピング等のカード利用分すべて、自動的に1%OFFの値引きになる!

公式サイトはこちら

おすすめクレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!