知っていると得するヨ!ANAカードのマイル、ポイントの貯め方

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

知っていると得するヨ!ANAカードのマイル、ポイントの貯め方

クレカ嬢が解説するヨ!

ANAカードのポイントについて説明しようね!

 

ANAカードは、ANAマイルと各カード会社ブランドごとのポイントの2種類が貯められるというのが基本です。

 

さらに交通系電子マネーの付いた
ANA VISA Suicaカード(JR東日本)
ANA TOP& ClubQ PASMOマスターカード(東急)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)(東京メトロ) の場合、

それぞれ更に!Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)のポイントも貯まる、欲張りカード!ご自身の使う路線によって選ぼう!
それぞれのポイントについては各カード詳細ページを見てね

 

マイルの貯め方は「解説!ANAカードで貯めるマイレージ」に詳しく書いているので、ここでは、各ブランドのポイントの貯め方と、そこからのANAマイルへの移行の方法について説明するね!

 

各ブランドやランクで違いはあるけれど、どのANAカードを選べばいいか?結論から言っておくと、以前はJCBブランドが10マイルコースの移行手数料が安く一番おすすめでしたが、今は他とあまり変わらなくなりました。(2015.4月より)

 

あえて言えば、リボ払いでいいのであれば、VISAでしょうか。通常払いにしたければ、JCBかアメックスをおすすめします。

 

各ブランド毎に出してくれるサービスや使える電子マネー等でどれが自分に必要か見極めてくださいね!カードランクは空港ラウンジの利用がやはりうれしい、ゴールドカード以上にしたいところですが。。。

 

まずはフライトで貯める!

ANAマイルを貯めたいなら、モチロンANAカードを持とう!!
ANAマイレージ機能が付いている上に、このカードならではのフライトでのボーナスマイルがうれしい。そんなANAカード!
フライトでのマイルの貯め方は「解説!ANAカードで貯めるマイレージ」で詳しく説明しているので参考にしてね!

 

ショッピングなどでポイントを貯める!

フライトでマイルを貯めるだけでなく、ショッピングや公共料金の支払い等クレジットカード利用することで、クレジットポイントが貯まります。

 

まずは各ブランドのポイントプログラムについて説明するね。
クレジット利用する際、各ブランドで貯まるポイントの名前と付与率は下の表の通り。

 

付与率 JCB
Oki Dokiポイント
Visa/マスターカード
ワールドプレゼント
ダイナース
ダイナースクラブ
リワードポイント
AMEX
ANAアメリカン
・エキスプレス
メンバーシップ
・リワード
一般カード 1000円毎に1~1.2P
(0.5~0.6%)
1000円毎に1P
(0.5~0.65%)
100円毎に1P
(0.43%)
100円毎に1P
(1%)
ワイドカード 1000円毎に1~1.2P
(0.5~0.6%)
1000円毎に1P
(0.5~0.65%)
ワイドゴールドカード
・ゴールドカード
1000円毎に1~1.25P
(0.5~0.625%)
1000円毎に1P
(0.5~0.8%)
100円毎に1P
(1%)
プレミアムカード 1000円毎に2~2.5P
(1.00~1.25%)
1000円毎に1P
(0.5%)
100円毎に1P
(0.43%)
学生カード 1000円毎に1~1.2P
(0.5~0.6%)
1000円毎に1P
(0.5~0.65%)

 

カードの各ブランド、各ランクでそれほど大きな違いがないけれど、ランクが上がるにつれポイント率は高くなってるね。

 

ダイナースアメリカン・エキスプレスの一般カードは実質ゴールドカードと言っていいんだけど、ダイナースは「ポイント付与率」、という意味ではあんまり高くないよ。

 

でもこのページの最後のほうで説明しているけど、「マイルへの移行」後は、高い還元率になってくるので、やっぱりANAマイルに集約すべきだね!

 

ダイナースやアメックスはボーナスポイントはとくにないですが、JCBとVISA/Masterは利用額に応じてボーナスポイントがあり、還元率もあがってきますよ。

 

各ブランドのボーナスポイント

ブランド(発行会社)独自のポイントのボーナスポイントは、以下の通り。

JCB JCB STAR MEMBERS:利用額に応じて翌年付与率アップ!
「スターβ」:年間利用額が50~100万円で翌年ポイント10%アップ
「スターα」:年間利用額が100~300万円で翌年ポイント20%アップ
※ゴールドカード以上
「スターβ」:年利用額50万円~→10%UP
「スターα」:年利用額100~300万円→20%UP
「ロイヤルα」:年利金額300万円~→25%UP
VISA/
Master
年間利用額に応じてボーナスポイント
前年間利用300万円以上→ステージV3:50万で150P.以降10万毎に30P
前年間利用100~300万円→ステージV2:50万で75P.以降10万毎に15P
前年間利用50~100万円→ステージV1:50万で50P.以降10万毎に10P
※ゴールドカード以上
前年間利用300万円以上→ステージV3:50万で300P.移行10万毎に60P
前年間利用100~300万円→ステージV2:50万で150P.移行10万毎に30P
前年間利用50~100万円→ステージV1:50万で100P.移行10万毎に20P

こんな風に利用額に応じておトク度が増してくる。

 

各ブランド毎ポイントは、各発行会社が用意している、プレゼント商品やギフトカードと交換したり、他ポイントに移行できる。ポイントUPモールも利用できるから、そのサイト経由でお買い物することで、ポイントをどんどん貯められる。

JCB
Oki Dokiポイント
Visa/マスターカード
ワールドプレゼント
ダイナース
ダイナースクラブ
リワードポイント
AMEX
ANAアメリカン
・エキスプレス
メンバーシップ
・リワード
ポイントUPモール Oki Dokiランド ポイントUPモール

ただ、ANAカードでANAマイルを貯めるつもりなら、かなり本気出してANAマイルに集約すべきだと思います。ポイントUPモールも「ANAマイレージモール」でマイルを貯めていくのが得策かもしれません。

 

夢のタダ旅行を目指すほうがワクワクしちゃいますよね。私の個人的意見ですが。
各ブランドポイントからマイルへの移行方法について説明するね!

 

おっと、その前に!ポイントコースは、二つのコースから選択できます。
マルチポイントコース…Oki Dokiポイントで貯まる。マイルに移行するにはその都度手続きが必要。
マイル自動移行コース…クレジットカードポイントがすべてマイルで貯まる。
※ボーナスポイントはどちらのコースでも要手続きマイル移行手数料無料で、1P=3マイル

ANAマイル移行プログラム(交換比率と手数料)

ANAマイル移行プログラムは各ブランド(発行会社)によって変わってきます。

 

JCBや、VISA/Masterだと5マイルコースと10マイルコースがあり、ダイナースとアメックスは、1ポイント=1マイルレートでマイル移行可能になるよ。
例えば1,000円のお買い物をクレジットカードですると、1ポイントを、5マイルコースは5マイル、10マイルコースは10マイルで移行できるプログラム。

 

さらに、ボーナスポイントで獲得したポイントは、1ポイント3マイルなどまたレートが違う。表にまとめてみましたので比較してみよう~。

 

付与率 JCB
Oki Dokiポイント
Visa/マスターカード
ワールドプレゼント
ダイナース
ダイナースクラブ
リワードポイント
AMEX
ANAアメリカン
・エキスプレス
メンバーシップ
・リワード
一般カード 5マイル無料
1~1.12%
10マイル5,000円+税
2~2.12%
5マイル無料
1~1.12%
10マイル6,000円+税
2~2.12%
1マイル無料
2%
1マイル6,000円+税
2%
ワイドカード 5マイル無料
1~1.12%
10マイル5,000円+税
2~2.12%
5マイル無料
1~1.12%
10マイル6,000円+税
2~2.12%
ワイドゴールドカード
・ゴールドカード
10マイル無料
2~2.12%
10マイル無料
2~2.12%
1マイル無料
2%
プレミアムカード 10マイル無料
2~2.12%
10マイル無料
2~2.12%
1マイル無料
2%
学生カード 5マイル無料
1~1.12%
10マイル5,000円+税
2~2.12%
5マイル無料
1~1.12%
10マイル6,000円+税
2~2.12%

 

当サイトではマイルを貯めて特定航空券に交換するときに、2円以上の価値のある場合も出てくることから、変動はあるんだけど1マイル=2円換算で還元率を計算してます。

 

そうすると、ポイントで使うより、ANAマイルで貯めたほうが、おトク感が出るね!そう、はっきり言ってANAカードはANAマイルを貯めるためのカードだよ!

 

JCBのマイル移行手数料が2000円から5000円にアップしたのは、ちょっと残念ですが、それでも5000円というところで、他のブランドよりほんのちょっと有利。

 

あとは、JCBならではのサービス、VISA/Masterならではのサービス、アメリカン・エキスプレスならではのサービス….そしてステータス。それぞれ魅力的なので、そういったことを重視して選んでみてもいいと思うよ!

 

⇒その他多様なマイルの貯め方は「解説!ANAカードで貯めるマイレージ」で詳しく解説してます!

 


ANA VISA/Master関連カード

 

ANA VISA/Master 一般カード
ANA
VISA/Master
一般カード

ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suica
カード

ANA VISA/Materワイドカード
ANA VISA/Mater
ワイドカード

ANA VISA/Masterワイドゴールドカード
ANA VISA/Master
ワイドゴールド
カード

ANA VISAプラチナ プレミアムカード
ANA VISA
プラチナプレミアム
カード

ANA VISA/Masterカード<学生用>
ANA VISA/Master
カード<学生用>

ANA TOP& ClubQ PASMOマスターカード
ANA TOP&
ClubQ PASMO
マスターカード

 


ANA JCB関連カード

 

ANA JCB 一般カード
ANA JCB
一般カード

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
ANA To Me
CARD PASMO JCB
(ソラチカカード)

ANA JCB ワイドカード
ANA JCB
ワイドカード

ANA JCB ワイドゴールドカード
ANA JCB
ワイドゴールド
カード

ANA JCBカード プレミアム
ANA JCB
カード
プレミアム

ANA JCBカード<学生用>
ANA JCB
カード<学生用>

ANA JCBカード ZERO
ANA JCBカード
ZERO

ANA JCB 法人ワイドゴールドカード
ANA JCB
法人ワイド
ゴールドカード

 

ANAダイナース関連カード

 

ANAダイナースカード
ANAダイナース
カード

ANAダイナース プレミアムカード
ANAダイナース
プレミアム
カード

 

ANA American Express関連カード

 

ANA アメリカン・エキスプレス・カード
ANA アメリカン
・エキスプレス
・カード

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ANA アメリカン
・エキスプレス
・ゴールド
・カード

 

おすすめクレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!