電子マネーとクレジットカードを上手に使うにはどうしたらいい?クレカ一体型が便利!

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

電子マネーとクレジットカード一体型は便利!!

突然ですが、日々の生活の中で「電子マネー」を使う機会はありますか?

初めて登場してから約30年になる電子マネーは、コンビニエンスストアやスーパーでの決済はもちろん、ガソリンスタンドやホテル、一部の電子マネーでは自動車税などの公共料金の支払いも出来ます。

また、クレジットカードやスマートフォンにインストールするアプリケーションとの連携で、キャッシュレスの生活を比較的に向上させるキッカケになったのも電子マネーの特徴です。

このページでは、電子マネーとクレジットカードが一体型になったオススメのカードをご紹介します!!

そもそも電子マネーとはどんな機能?


引用:http://www.cr.mufg.jp/merchant/support/menu/train_emoney.html

毎日のお買い物はもちろん、各種公共料金の支払いにも使う事が出来て、年々利便性が向上しているのが「電子マネー」です。

朝食やランチを買うために毎日立ち寄る方も多いですが、そんな慌ただしい決済時間を少しでも短縮するためにも電子マネーは活躍しています。

合計金額に端数が出た時やちょっとしたお買い物でも、専用端末にかざすだけで決済が完了するのも電子マネーの特徴で、クレジットカードの様なサインも不要でとても利便性が高い機能です。

その他の電子マネーの機能としては、後述するクレジットカードと一体型になった機能や、スマートフォンのアプリケーションを使い、財布からカードを出さなくてもその場で決済が出来る機能など、使う側の気持ちを理解した機能が年々追加されています。

ちなみに、電子マネーには、予め使いたい金額を入金(チャージ)しておく「プリペイド方式」と、クレジットカードと連携した後払い決済が出来る「ポストペイ」があり、電子マネーの機能によって決済方式が異なります。

高い還元率狙いなら「ビックカメラSuicaカード」がオススメ!!


引用:https://www.jreast.co.jp/card/first/bic/

それでは、ここからは筆者オススメの電子マネーを幾つかご紹介します。

まずは、家電以外にもお酒や自転車なども販売している大型量販店ビックカメラで使える「ビックカメラSuicaカード」です。

・ビックカメラとコジマ、JRや私鉄でも使える一体型電子マネー

都心部や郊外など多彩な場所に出店しているビックカメラは、以前に同業他社のコジマと合併しました。

そのため、店名も「ビックカメラ/コジマ」と表記される様になりました。

今回ご紹介する「ビックカメラSuicaカード」は、ビックカメラはもちろんコジマでのお買い物にも使えますし、さらには、JR東日本が発行している電子マネー「Suica」と連携しています。

・高い還元率が魅力の電子マネー

電子マネーとお店が提携した一体型カードは、発行しているお店でも「還元率」も購入する目安となります。

この「ビックカメラSuicaカード」は、ビックカメラで家電などのお買い物をすると、10%のポイント還元を受ける事が出来ますし、コジマでのお買い物の場合は、現金で支払う時と同じ率のビックカメラ専用ポイント「ビックポイント」をもらう事が出来ます。

また、搭載されているクレジットカードでSuicaにチャージするだけで、「ビューサンクスポイント」がもれなくもらえます※1,000円チャージで、ビューサンクスポイントが6ポイント付きます。

さらには、チャージしたSuicaで決済をすると、クレジットカードでチャージしたビューサンクスポイントと併せて、ビックポイントが10ポイントもらえます。

効率的なポイント獲得するには、こういったポイントサービスも見逃せません。

例えば、Suicaに10,000円クレジットカードからチャージ=60ポイントなど、通勤や通学、お買い物にもこれ一枚で済ます事が出来ます!!

・年会費が1回利用すると無料、貯まったビックポイントはSuicaポイントでも交換出来る

「ビックカメラSuicaカード」のオススメ機能は、高い還元率だけではありません。

電子マネーとクレジットカードが一体になったカードは、通常では年会費が発生しますが、初年度に1回でもビックカメラで使えば年会費が無料になります※年会費は税抜き472円。

また、お買い物以外の食事や公共料金の支払いでも、実質1%のポイント還元(ビューサンクスポイント0.5%+ビックポイント0.5%)を受ける事が出来ます。

通常の支払いでは受ける事が少ないポイント還元も、この「ビックカメラSuicaカード」なら受ける事が出来るのもポイントです。

さらには、貯まったビックポイントもSuicaポイントに交換する事が出来るので、お買い物や通勤などにも大変お得です(ビックポイント1,500=1,000円分のSuicaチャージ)。

楽天Edyも搭載した「楽天カード」


引用:https://www.rakuten-card.co.jp/

続いてご紹介するのが、可愛らしいパンダでお馴染みの「楽天カード」です。

テレビやインターネットでも盛んにコマーシャルが流れているので、ご存知の方も多い楽天カードも、電子マネーとクレジットカードが一体となったカードです。

・入会費や年会費やずっと無料で、万全のセキュリティ対策も特徴

可愛らしいデザイン以外にも、スペインのプロサッカーチーム「FCバルセロナ」とのコラボデザインが人気の楽天カードですが、電子マネーとクレジットカード双方の機能もオススメです。

通常、クレジットカードを発行すると必要となるのが入会費や年会費ですが、楽天カードはこれらの費用が「永年無料」です。

これから使う機会の増えるカードに対して、ランニングコストともいえるこれらの会費が掛からないのは、これからクレジットカードを持つ方にとっては追い風となります。

楽天カードは、楽天市場や楽天イーグルス、ゴルフ場紹介など多くのサービスを展開している「楽天」が発行しているので、楽天市場などで使える楽天ポイントもしっかり貯める事が出来ます。

・入会+1回利用で大量の楽天ポイントがもらえる

楽天カードの魅力は、楽天ポイントが貯まる機会が多い事も挙げられます。

お買い物などで楽天カードを使うと、1%のポイント還元を受ける事が出来ますし、お誕生日月や楽天イーグルスやヴィッセル神戸が勝利した次の日に特別ポイントなど、不定期に楽天ポイントを貯める事が出来ます(100円で1ポイント)。

また、電子マネー機能も万全で、コンビニエンスストアやスーパーはもちろん、ガソリンスタンドや映画館などでも使える「楽天Edy」の機能も搭載されています。

この楽天Edyにクレジットカードからチャージを行う事も出来るので、現金から専用端末を使うチャージ方法より手間が掛かりません。

搭載出来るクレジットカードのブランドも、マスターカード・VISA・JCBから選ぶ事が出来ますので、使うシーンに応じてお好きなブランドを選ぶと安心です。

それ以外にも、高速道路を使う時に欠かせないETCカードや、家族で持つと様々な特典がある家族カードの発行も出来ますし、万が一の盗難や紛失にも万全のセキュリティ対策も揃っています。

これらカードの口コミ

・毎日の通勤でJRを使っているので、ビックカメラSuicaカードを持ちました。ビックカメラは駅前に出店している地域が多いので、出張などで地方に行った先でも安心してビックカメラを使う事が出来ます。
・インターネットショッピングで高額商品を買った時でも、ビックカメラSuicaカードならWeb上でボーナス払いや分割払いに変更出来るので、毎月の支払いを考えた上で使えるのも嬉しいです。

・年会費がずっと掛からないのは楽天カードならでは。買い物以外にも多くのメリットがあるのも嬉しい。

・カスタマーサービスに不満があるけど、注意して使えば問題ない。

1枚で通勤やお買い物に使えるのはポイント高い

電子マネー機能だけではなく、クレジットカード機能も充実しているのが今回ご紹介したカードです。

毎日の生活には欠かせない機能も揃っているので、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

電子マネーを使うならクレジットカード一体型もオススメ

電子マネーとクレジットカードが一体となったカードをご紹介しましたが、これ以外にも電子マネーとクレジットカードを上手に活用出来るカードはあります。

ここでは、3つのカードをご紹介します。

それぞれに特徴がありますので、ご自身のライフスタイルや目的に合ったカード選びの参考になる事間違いなしですよ!!

クレジットカードにはどんな機能がある?


引用:http://kakaku.com/card/articleview/?no=363

予め使いたい金額を入金(チャージ)した上で使う電子マネーと、機能面で比較される事もあるのがクレジットカードです。

ここでは、クレジットカードの機能について改めてご紹介します。

・キャッシュレスでお買い物が出来る

通常のお買い物は、現金や商品券などで支払う事が大半ですが、クレジットカードでは、お買い物の代金は「後払い」になるので、その場で現金を出す必要はありません。

使った代金は、クレジットカードを申し込んだ時に記入した銀行口座から後日まとめて引き落とされます。

大半のクレジットカードは、使った代金に応じてポイントが貯まるシステムを採用していて、お買い物以外にも公共料金の支払いでもポイントが付いたりと様々なサービスを展開しています。

・急な出費でも安心なキャッシング機能

キャッシュレスでお買い物が出来る以外にも、クレジットカードは便利な機能が搭載されています。

その中でも、冠婚葬祭など急な出費にも安心な「キャッシング機能」もクレジットカードの特徴の一つです。

急に現金が必要な時に役立つキャッシング機能ですが、返済時には利息が付くので計画的な利用がポイントです。

東急百貨店ユーザーに必須の「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」


引用:http://www.topcard.co.jp/card/jmbpasmo_c.html

主に関東に出店している東急百貨店を使っている方にオススメなのが「TOKYU CARD ClubQ JMB」です。

東急百貨店以外にも、PASMOが使えるオールマイティの電子マネーとクレジットカードが一体となったカードです。

・TOKYU POINTが多く貯まるのも嬉しい機能

東京や神奈川など、首都圏に出店している東急百貨店が発行しているのが「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」です。

お買い物だけではなく、バスや電車などの交通機関でもスマートに使えるPASMOも搭載されているので、毎日の生活に役立つカードです。

年会費は初年度無料で、2年目からは1,080円(税込み)で持つ事が出来ます。

使った代金に応じてTOKYU POINTもどんどん貯まるので、毎日のお買い物に欠かせないカードです。

また、東急百貨店以外でも東急グループのホテルを使ってもTOKYU POINTが貯まります。

ちなみに、現金での支払いでもカードを提示すれば10%ポイント還元を受ける事が出来ます。

・定期券の購入や自動チャージでもTOKYU POINTが貯まる

お買い物以外にもTOKYU POINTが貯まるTOKYU CARD ClubQ JMBですが、交通系ICカードのPASMOが搭載されています。

PASMOは、全国相互利用が出来る電子マネーですが、JRや私鉄、バスにも乗る事が出来ます。

そのため、通勤や通学に欠かせない定期券の購入や、使いたい金額分のチャージで使う方も多いですが、これらでもTOKYU POINTが貯まります。

ちなみに、一定額貯まったTOKYU POINTは、PASMOへチャージも出来ます※10円単位でチャージ可能です。

さらに、JALとの連携が出来るJMB機能も搭載されているので、羽田空港などから各地へ飛行機を使ってマイルを貯めて、TOKYU POINTへの交換も出来ます。

飛行機を使う機会の多い方にオススメの電子マネー搭載の「ANA VISAカード」


引用:https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/ana/index.jsp

続いてご紹介するのが、大手カード会社の三井住友VISAカードが発行している「ANA VISAカード」です。

大手航空会社の全日空との提携で便利なカードです。

・フライトの度にマイルが多く貯まる

日本全国で多くの定期路線を持つ航空会社の全日空との連携で発行されているので、日頃から飛行機を使うビジネスマンからの支持が多いのも特徴です。

フライトする度に貯まるマイルは、通常のフライトマイルに追加で、特別ボーナスとして「割り増しボーナスマイル」がもれなく付与されます。

また、通常のお買い物やレストランなどでの食事で貯まる「ワールドプレゼントポイント」を、これらのマイルへ移行させる事も出来るので、出張先での食事やお買い物と併せて使うと効果的にポイントとマイルが貯まります。

更にこのANA VISAカードは、インターネットショッピングでも使う事が出来るので、忙しくてお買い物が出来ない方にもオススメです。

ちなみに、クレジットカードのブランドはVISA・マスターカードから選ぶ事が出来て、世界中でも使う事が出来ます。

・多くのお店で使える電子マネー「iD」が標準搭載で便利

このANA VISAカードは、クレジットカード機能以外にも便利も機能が搭載されています。

クレジットカードの定番機能でもあるキャッシング機能や、万が一の盗難や紛失にも安心の補償、さらには旅行に欠かせないお土産を買う時の割引サービスも搭載されています。

それ以外にも、便利な機能が搭載されています。

それが、電子マネー「iD」です。

予め使いたい金額を入金しておくと、コンビニエンスストアやスーパーはもちろん、雨の日の移動に活躍するタクシーや、急にのどが渇いた時に助かる自動販売機での購入にも使えます。

また、設定した金額以下になれば、自動的にチャージされるオートチャージ機能もポイントで、急な残高不足にもしっかり対応してくれます。

2つの電子マネーが標準搭載の「オリコカードiD×QUICPay」


引用:http://www.orico.co.jp/creditcard/idquic/

最後にご紹介するのが、大手カード会社のオリコが発行している「オリコカードiD×QUICPay」です。

利用している方の数も多い電子マネーの「iD」「QUICPay」が標準搭載で、利便性の高い電子マネーとクレジットカード一体型カードです。

・電子マネーとの連携がスムーズの便利なカード

電子マネーとクレジットカードが一体になったカードは多く発行されていますが、大半が1つの電子マネーです。

この「オリコカードiD×QUICPay」は、名前の通りに「iD」「QUICPay」の2つの電子マネーが搭載されている個性的なカードです。

iDはNTTドコモが運営していて、コンビニエンスストアやファーストフード店などで使えますし、一方のQUICPayは、大手カード会社のJCBが運営している電子マネーで、iDと同じくコンビニエンスストアやガソリンスタンド、映画館などで使う事が出来ます。

ちょっとしたお買い物はもちろん、毎月の収支管理にも便利なので、導入する方も最近増えてきました。

また、このオリコカードiD×QUICPayは、使った金額に応じたポイント(1,000円で1スマイル)も貯まるので、お買い物など生活に欠かせないカードといえます。

・豊富なブランドから選べるのも特徴

2つの電子マネーが搭載されているオリコカードiD×QUICPayですが、クレジットカード機能も万全です。

年会費無料で、クレジットカードブランドもVISA・マスターカード・JCBの中から選べますので、お気に入りのブランドを決めると安心です。

また、10万円から選べる利用可能額や、急な出費にも助かるキャッシング機能も搭載されています。

さらには、ドライブには欠かせないETCカード・引き落とし口座をまとめる事が出来る家族カードの発行も出来ますので、それぞれのシーンに応じて柔軟に使う事が出来るのも、オリコカードiD×QUICPayの特徴です。

紹介したカードの口コミ

・東急線沿線に住んでいる方にオススメなTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOですが、それ以外の地域に住んでいる方にはあまりメリットがないカードでもあります。

・海外に行く機会の多い方には、海外での取り扱いブランド店舗も多いANA VISAカードが便利です。

・電子マネーが複数搭載されているのは利便性高いので、電子マネーを効率的に使いたい方にはオリコカードiD×QUICPayがオススメです。

電子マネーとクレジットカードは、どれも生活に欠かせない機能

電子マネーとクレジットカードが一体になったカードをご紹介してきましたが、いかがでしょうか?

毎日の生活に無くてはならない存在といえる電子マネーとクレジットカードは、使いたい機能に合わせて持つと便利ですよ!!

おすすめクレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!