これでわかる!JCB法人カードの付帯保険・補償!

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

これでわかる!JCB法人カードの付帯保険・補償!

クレカ嬢が解説するヨ!

個人向けJCBカードの付帯保険・保証についてはコチラ

基本の一般カードに旅行保険が付いた!

JCB法人の基本カードが改良されました!

 

旅行保険が以前はなかったのに、国内外の旅行保険が付帯されるようになりました!
これはとっても大きい改善。代表者の方はじめ従業員の方々の旅行に確かな安心が加わります!

 

また、ゴールドカードの旅行保険は、旅行料金等も払えば1億円、という、以前の「自動付帯で1億円」からダウン。
しかし、その分、航空便遅延費用が付帯し、「現実的に役立つ保険」となったといえるでしょう。

 

それでは、それぞれを詳しくみていきましょう。

 

海外旅行保険

まずは海外旅行保険についてですが、

 

JCB法人カードは、基本ラインのプロパーカードと、ガソリン系の提携カードがありますが、提携カードでは、一般カードは旅行保険なし、
ゴールドカードは国内、海外旅行共には自動付帯ですべて付いています。

 

プロパーカードは、補償内容が変更になりました。
基本の、「JCB一般法人カード」旅行保険が付きました

 

海外旅行保険は
付帯条件:利用付帯
死亡・後遺傷害:最高3,000万円
傷害・疾病治療費用:100万円
賠償責任保険:2,000万円
携行品損害保険:100万円(1旅行20万円(免責3,000円))
救援者費用:100万円

 

です。

 

旅行代金やフライト費を払わなければ補償されませんので、ぜひ、このカードで支払いをしましょう。

 

キャッシュバック型の「JCBビジネスプラス一般法人カード」には、旅行保険はないままです。
キャッシュバックではなくポイント還元で問題ないなら、「JCB一般法人カード」のほうが魅力アップ。選択の余地ありです。

 

そして、ゴールドカードは、自動付帯では5000万円の「死亡・後遺傷害保険」、さらに旅行代金等支払いをすれば「利用付帯」となり、1億円の補償となります。

 

法人カードなので、追加カードが制限なしで作れるけれど、ゴールドカードだと全員に旅行保険が付く。これは検討の余地がありますね!

 

ゴールドカード
付帯条件:自動付帯
死亡・後遺傷害:最高5,000万円
傷害・疾病治療費用:300万円
賠償責任保険:1億円
携行品損害保険:100万円(1旅行50万円(免責3,000円))
救援者費用:400万円

付帯条件:利用付帯
死亡・後遺傷害:最高1億円
傷害・疾病治療費用:300万円
賠償責任保険:1億円
携行品損害保険:50万円(免責3,000円)
救援者費用:400万円

何かトラブルがあったときの賠償責任保険も充実の1億円。問題なしです。
プラチナカードだと最初からすべて「自動付帯」!そしてさらに家族特約の付帯が充実しています!

国内旅行

国内旅行保険も、もともとゴールドカードだけでしたが、「JCB法人一般カード」には、利用付帯で、ですが、最高3,000万円が付くようになりました。
必ず、旅行代金をこのカードで支払いしたいですね。

 

ゴールドカードは自動付帯で手厚く保険がついています!

 

さらに、ゴールドカードには、航空便が遅れたときの保険がついており、国内旅行でも、海外でも補償されます。

ゴールドカードの航空便遅延費用

付帯条件:自動付帯
乗継遅延費用:最高20,000円/1回
出航遅延、欠航、搭乗不能費用:最高20,000円/1回
受託手荷物遅延:最高20,000円/1回
受託手荷物紛失:最高40,000円/1回

 

プラチナカードも同様です。これが国内外のフライトで補償されます。格安航空会社(LCC)など、しょっちゅう遅延するのに、これが
補償される
のは、本当にありがたい!

 

この保険が付帯したことで、利用価値がかなり高まったのではないかと思います!

 

いずれも従業員になにかあったときも、追加カードがあれば、保険対象なので、ぜひ利用したいものです。

 

海外旅行保険と同様、プラチナカードだとさらに家族特約の付帯が充実しています。

 

さらに、プラチナカードには、突然のアクシデントにうれしい、「アクシデントケア」がついています。

 

紹介しておきますね。

プラチナカードの「アクシデントケア」

【ライフアクシデントケア制度(代表者のみ)】

 

空き巣被害見舞金:5万円
毎年1回(4月から)の空き巣被害で補償される。

 

第三者の加害行為やひき逃げにあい、警察に届け出た場合
・後遺障害…最高1,000万円
・犯罪被害傷害保険…入院7,500円/日(180日まで)
・犯罪被害傷害保険…通院5,000円/日(180日以内90日限度)

 

【カーアクシデントケア制度】
見舞金:5万円
・自動車での交通事故で入院
・自動車事故や車上荒らしでのトランク内携行品の損害補償
・ETC車載器の盗難
・ETCゲートでの交通事故
・高速での自動車故障

 

仕事で車をよく使われる法人であれば、きっと役立つことでしょう。
こういった、クレジットカードに付帯している保険はおろそかにせず、しっかりと補償額をもらうようにしましょう!


JCB法人関連カード

 

JCB一般法人カード
JCB一般
法人カード

JCBビジネスプラス一般法人カード
JCBビジネス
プラス一般法人
カード

JCBゴールド法人カード
JCBゴールド
法人カード

JCBビジネスプラスゴールド法人カード
JCBビジネス
プラスゴールド
法人カード

JCBプラチナ法人カード
JCBプラチナ
法人カード

シェルビジネス一般カード(JCB)
シェルビジネス
一般カード
(JCB)

シェルビジネスゴールドカード(JCB)
シェルビジネス
ゴールドカード
(JCB)

コスモコーポレートJCB一般法人カード
コスモコーポレート
JCB一般法人
カード

コスモコーポレートJCBゴールド法人カード
コスモコーポレート
JCBゴールド
法人カード

シナジーJCB一般法人カード
シナジーJCB
一般法人
カード

シナジーJCBゴールド法人カードド
シナジーJCB
ゴールド法人
カード

 

おすすめクレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!