リクルートポイントがPontaポイントに変わる?!

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2018

1位
楽天Edy付き!9/24までの入会で7千円分のポイントもらえる♪
2位
女性向けの特典満載!映画やグルメをお得に♪edy付き
3位
ローソンなどでお得にポイントがたまります♪iD付き
4位
チャージの手間がなくなる!毎日の通勤・通学もお得に♪
5位
電子マネー達人も愛用!知名度も安心感も抜群です。iD付き

リクルートポイントがPontaポイントに変わる?!

リクルートポイントとは

リクルートといえば、現在では様々なインターネットサービスを展開していることでも有名です。

 

旅行宿泊の「じゃらん」、レストランの予約ならば「ホットペッパーグルメ」、エステサロンやヘアサロンの予約なら「ホットペッパービューティー」、お買い物なら「ポンパレモール」といった具合です。

 

これらのサービスを利用する、あるいはリクルートが発行しているクレジットカードでショッピングをすると貯まるのが、「リクルートポイント」です。

 

リクルートポイントは使いにくい?

提携のクレジットカードを利用すれば最低でも2%の還元率となり、1000円利用すれば20円は得をする計算となります。

 

しかし、いくらポイントがたまっても使い勝手がよくなければ意味がありませんが、これまでのリクルートポイントはまさにその典型でした。

 

リクルートポイントの使い道はリクルートグループのサービスに限定されており、ユーザーからも不満の声が出ていたそうです。

 

Pontaポイントへの変更で利便性がアップ?

しかし2015年11月24日より、これまでの「リクルートポイント」は「Pontaポイント」と変更になる予定です。

recruit-ponta.png

「Pontaポイント」とは、異なる業種でポイントが貯められる共通ポイントで、コンビニのローソンやガソリンの昭和シェル石油、レンタルDVDのゲオ、グルメでは大戸屋やケンタッキーフライドチキンなどでポイントが貯まり、使えます。

 

ここにリクルートのサービスが加わるのです。
ただでさえ貯まりやすいリクルートポイントが、使い勝手もよくなるのです。

 

リクルートカードのポイントはどうなる?

リクルートポイントがPontaポイントに統合されるにあたって気になるのが、リクルートポイントをためられる「リクルートカード」「リクルートカードプラス」です。

 

特に「リクルートカードプラス」は、年会費税別2000円を支払えば業界最高クラスの還元率2%を誇るのですから、気が気ではありません。

 

しかし、統合前からリクルートポイントとPontaポイントはお互いに等価交換が可能となっていますし、ポイントも特に失効などがないようですので、ポイントの使い道が増えた分、リクルートカードにはプラスといえるでしょう。

おすすめクレジットカードランキング2018

1位
楽天Edy付き!9/24までの入会で7千円分のポイントもらえる♪
2位
女性向けの特典満載!映画やグルメをお得に♪edy付き
3位
ローソンなどでお得にポイントがたまります♪iD付き
4位
チャージの手間がなくなる!毎日の通勤・通学もお得に♪
5位
電子マネー達人も愛用!知名度も安心感も抜群です。iD付き

電子マネーPonta(ポンタ)おすすめページ