必見!QUICPayを使って貯めるポイント

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

必見!QUICPayを使って貯めるポイント

article1403035_1.gif

iDやクイックペイの場合は基本的には、使った瞬間にポイントが貯まる、ということではありません。
その支払いを後払いでクレジットカード会社から支払うときに、
クレジットカード会社のポイントが貯まる、というしくみです。

どこでも使えるQUICPayだから、ポイントが貯まる!

なので、クレジットカードのポイント還元率の高いところで契約したほうがいいかな~と思います。

 

さてさて、今のところ唯一、
「クレジットカードのポイント」+「nanacoカードポイント」が貯められる
QUICPay(nanaco)というのものが、ダブルでポイントを貯められるサービスがあります。

 

それを含め、おすすめカードをご紹介しましょう~。


QUICPay(nanaco)デビューキャンペーン

nanacoは、チャージして使うプリペイド式の電子マネーで、
セブン・イレブン、イトーヨーカドーなどセブン&アイグループのお店を始めとし色々な場所で使え、100円で1ポイントと、いい還元率でポイントが付きます。
クレジットカードからチャージすれば、クレジット会社のポイントも付きます。

 

nanacoポイントをまじで貯めるならセブンカードプラス がベスト。
その上、
nanacoカードとJCBカードを持っている方は、
「QUICPay(nanaco)」というサービスに登録すると、、セブンイレブンでnanacoポイントとJCBのポイントがダブルで貯めることができます。

article1403035_2.gif

 

そして、それに最適なクレジットカードが、セブンカード・プラス
これにすると、セブンイレブンでnanacoポイントが1.5%還元率で貯められる。
ますます便利に、ますますお得に!なのですよ。
「セブンカード・プラス」の入会キャンペーンも見逃せない!

その他、ポイントの貯まるクレジットカード

こちらも高還元率で、年会費無料、QUICPayカードが無料で付けられる。

 

    • 「おサイフくんQUICPay 」

トヨタ系列のカード会社が出しているTS CUBICカード や「おサイフくんQUICPay」。
TS CUBICカード は1000円に付き10ポイント、還元率1%でポイントを貯めていくことができます。おサイフくんQUICPayは、年会費無料。

 

    • JCB EIT(QUICPay一体型)

こちらはクイックペイ登録して使用すると800円のキャッシュバックキャンペーンをしています。
やはり年会費無料!
海外旅行傷害保険もついてる、などなど、8つ(エイト)の魅力のあるカード。こちらもおすすめです。→JCB EITカード詳細

便利、早い、そして賢くお得なマネーライフを目指して!クイックペイ!

使えるお店がどんどん増えているQUICPay

突然ですが、毎日のお買い物は現金派ですか?

現金でのお買い物は支払う金額を払えば完了ですが、クレジットカード払いと比較して金額に応じたポイントがなかなか貯まりにくいデメリットがあります。

しかし、ポイントを獲得する目的だけで、審査が必要なクレジットカードを申し込むのはリスクがありますし、万が一否決されたら自分の信用情報に不利になります。

そんな時、元々持っているクレジットカードと連携した「電子マネー決済」がオススメで、その中でも、最近様々なサービスを展開している「QUICPay」が支持を集めています。

今回は、QUICPayの概要や使えるデバイス、クレジットカードとの連携などについて、細かくご紹介していきます!!

QUICPayとはどんな決済方法?


引用:http://www.QUICPay.jp/

数ある電子マネーの中で、クレジットカードとの連携が便利な電子マネーも幾つかありますが、このQUICPayはクレジットカード連携で便利な電子マネーとして、多くの方から支持を受けています。

使った金額が決済用に登録しているクレジットカードから引き落とされるので、その場で財布やクレジットカードを出す必要がなく、会計に掛かる時間も短いのでとてもスムーズでストレスなくお会計を済ませる事が出来ます。

また、QUICPayが内蔵されているクレジットカードやプリペイドカード以外にも、QUICPay専門のアプリケーションがインストールされているスマートフォンでも、引き落とし用口座をクレジットカードを登録していたら、コンビニエンスストアやスーパーなどでQUICPayを使える事が出来ます。

使う前に登録が必要ですが、幾つか準備する物があります。

まずはQUICPayが対応しているカードがあるかを確認する必要があり、QUICPay対応のカードを持っていたら、持っているカード会社に「QUICPay申込み」をする必要もあります。

申込む内容は、それぞれのカード会社が準備している申込みフォームに記載していきます。ちなみに、QUICPayに対応しているカードを持っていない場合は、事前にQUICPayに対応するカードを新規で申し込む事になりますので、カードを事前に準備した上でQUICPayに申し込むとスムーズです。

ちなみに、QUICPay対応のカーdpを発行している会社は、JCBやジャックス、ビューカードや三菱UFJニコスなど全部で22種類ありますが、会社によってはカードもしくはスマートフォンのみなど、対応が異なるので、ご自分のスタイルに合わせて申し込む事がポイントです。

QUICPayが使えるお店やサービスは、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートやサークルケイサンクス、ミニストップなど全国にあるコンビニエンスストアを始め、イオンやマックスバリューなどのスーパーマーケット、ジャンルを問わないレストランや、ドライブ中の給油も安心なENEOSやエッソモービルゼネラルなどのガソリンスタンドでも、QUICPayを使う事が出来ます。

QUICPayが使えるデバイス


引用:http://www.QUICPay.jp/about/index.html

コンビニエンスストアやスーパー、ガソリンスタンドなど多くのお店でピッと決済するとお会計が完了するQUICPayは、QUICPayに対応しているカード以外にも使えるデバイスがあります。

QUICPayの決済には、QUICPay決済が出来る端末にかざす事が出来るデバイスが必要ですが、QUICPay専用のアプリケーションをインストールする事が出来るスマートフォンであれば、先程ご紹介した登録を完了した時点で、その日から使う事が出来ます。

QUICPayをスマートフォンで使うには、QUICPayを運営しているJCBが、スマートフォン向けに配信している「JCB QUICPayモバイルサイト」にアクセスする事から始まります。

このWebサイトにアクセスする前に「My JCB専用ID」を発行しておく必要がありますので、事前にJCBサイトでIDしておくと手続きがスムーズにいきます。

JCB QUICPayモバイルサイトにアクセスした後は、申し込みから2〜5日経過した後にQUICPayが使える事が出来ます。

ちなみに、JCB QUICPayモバイルサイトでは、QUICPayを使った金額を確認する事や、QUICPayが使えるお店やサービスの検索、またはQUICPayの利用停止や再開、最新情報や各種の手続き、スマートフォンを持っている方に欠かせない機種変更など、ショップに行かないと出来ない手続きなども、このJCB QUICPayモバイルサイトでは行える事が出来ます※現在はこのJCB QUICPayモバイルサイトは利用停止していますので、詳しくはJCBもしくはQUICPayに対応したカードを発行しているカード会社へお問い合わせください。

スマートフォン以外にも、アメリカのアップル社が開発や販売しているiPhoneやapple watchなどでも、後述します「apple pay」に対応していたら、その他のスマートフォンなどと同じくQUICPayを使う事が出来ます。

そのため、iPhoneやスマートフォンを契約するタイミングに合わせて、QUICPayに対応したカード+QUICPayの申し込みを完了している方も多いです。もちろん、デバイスなどを購入した後でもQUICPayを申し込む方もいますが、勢いでQUICPayを申し込むと後々楽になります。

ちなみに、ガラケーと表現されるフューチャーフォンではスマートフォン様QUICPayアプリケーションに対応していませんので、フューチャーフォン対応のQUICPayアプリケーションをインストールしてお会計をする必要があります。

QUICPayを使うと貯まるポイント


引用:http://www.QUICPay.jp/about/index.html

コンビニエンスストアやスーパーなどの毎日のお買い物はもちろん、帰省やドライブなどで役立つガソリンスタンドなど、毎日の生活では欠かせない場所で使えるQUICPayは、使う金額によってポイントも様々な貯まり方をします。

貯まるポイントは、QUICPayに対応したカードによって異なりますが、大半は貯まったポイントをインターネットショッピングに使ったり、その他のカードに交換出来たりと幅広いです。

例えば、楽天市場や楽天トラベルなどを運営している楽天が発行している楽天カードでは、使った金額(100円で1ポイント※)に応じて楽天ポイントが貯まります。

この楽天ポイントは、楽天市場などの各サービスはもちろん、電子マネーの楽天Edyにも交換出来るので、楽天Edy搭載のクレジットカードやスマートフォンでも、コンビニエンスストアなどのお買い物やなどに使う事が出来ます。

また、マクドナルドや吉野家などのファーストフード店では、お会計時にクレジットカードは使えませんが、楽天Edyを経由する事でクレジットカードのポイントを貯める事が出来ますので、QUICPayに対応するクレジットカードとしては、楽天カードもオススメです。

それ以外のカードは、それぞれの発行先の百貨店で使えるポイントや、携帯電話会社が発行しているカードでは、携帯電話のアクセサリーにも使えたりと幅が広いので、QUICPayを使う前にカードのポイント交換先を確認しておくのも、効率的にQUICPayを使うためのコツでもあります。

QUICPayとクレジットカードの連携は?


引用:http://www.QUICPay.jp/about/index.html

先程もご紹介した通り、QUICPayは支払いを行う口座をクレジットカードに設定する事で使う事が出来ます。

クレジットカードを支払い口座に設定するにもメリットがあります。

最も大きなメリットとしては、その月に使った金額を次月にまとめて支払う事になるので、その他の支払い(公共料金やショッピングなど)と合算して支払う事になるので、管理も楽になりそれぞれの交換ポイントをまとめて貯める事が出来ます。

また、貯まるのはポイントだけではなく、航空会社が発行しているカードを支払い口座に設定している場合は、飛行機に乗るともらえるマイルがQUICPayを使っても貯まります。

貯まったマイルは飛行機の搭乗に使えるのはもちろん、各種ポイントにも交換出来るので、飛行機に乗って出張や旅行で訪れた先での買い物や食事に使う事が出来ますので、クイックペイとクレジットカードの連携には多くのメリットがあります。

ちなみに、クイックペイと連携出来るクレジットカードもこれから増える予想なので、現在クイックペイに対応していないクレジットカードを持っている方も、これからの対応に期待してもいいと思います。

QUICPayのメリットやデメリット


引用:http://www.aplus.co.jp/creditcard/use/QUICPay/index.html

様々な機能があるQUICPayですが、それに応じたメリットとデメリットがあります。

ここではそれらについてご紹介します。

・チャージをする必要がない事がメリット

QUICPayのメリットとして真っ先に思い浮かべるのが、「後払いでチャージする必要がない」事です。

クレジットカードとの連携が出来るQUICPayなので、クレジットカードの決済方法に則って支払いが全て後払いとなります。

そのため、使った金額が後日それも次の月からになるので、支払いに余裕が生まれるので、計画的に使えば便利な支払い方法です。

また、支払いを提携している電子マネーで支払うと、電子マネー+クレジットカードのポイントのダブルでポイントをもらえるので、効率的にポイントを貯めたい方にオススメです。

・海外で使えない・限度額が決まっている事がデメリット

一方、デメリットとしては、クレジットカードと同様に海外でのQUICPayが使えない事です。

このデメリットは意外な感じがしますが、実際に海外旅行でQUICPayを使おうとして店員さんに断られた方も多いので、海外でQUICPayを使う予定にしていた方は、通常のクレジットカードでの支払いを検討してみてはいかがでしょうか?

また、使える金額もQUICPayは上限があり、一度に「2万円」までです。

少し高額な商品やサービスを購入しようと考えている場合は、QUICPayではなくクレジットカードもしくは現金での支払いを検討する事になります。

QUICPayとapple payの連携は?


引用:http://www.QUICPay.jp/promotion/new-service/20160908.html

QUICPayに対応したスマートフォンやクレジットカードなどを使って、お会計の時間短縮とスマートなお会計を同時に実現出来るQUICPayですが、新時代の決済システムにも対応している事はご存知でしょうか?

それが「apple pay」です。

apple payとは、iPhoneやiPadなどを開発と販売しているApple社が、次世代の決済方法として開発した画期的な決済方法です。

apple payの最大のポイントは、iPhoneやapple watchにクレジットカードを連携させる事で、一般的な電子マネーと同じ様に決済が出来る事です。

お買い物以外にも、交通系ICカードを登録しておけばJRや私鉄にも乗る事が出来ます。また、多くの交通系ICカードは全国相互利用なので、東京で設定した交通系ICカードを搭載したapple payを、大阪や北海道の私鉄でも使う事が出来ます。

ちなみに、地方の自動改札機でapple payを使うと一目置かれるので、注目を浴びたい方にはオススメです。

apple payとQUICPayを連携させるには初期設定が必要となりますが、支払いに使いたいクレジットカードがQUICPayに対応しているかどうかを確認した上で、お手持ちのiPhoneやapple watchにQUICPayを登録させます。

無事に利用するための設定が完了した後は、コンビニエンスストアやスーパーなどに設置している、決済用端末に「QUICPayで支払います」と店員さんに伝えた後にかざすだけです。

ちなみに、QUICPayで決済すると「クイックペイ」と音声が流れますので、確実に決済出来たかどうかの確認もスムーズです。

しかし、様々な事情でクレジットカードが持てない・またはクレジットカードに不安を感じている方でもQUICPayを使う方法もあります。

この様に様々な状況に合わせて使う事が出来るapple payは、QUICPayとの連携で更に便利に使う事が出来るので、iPhoneユーザーの方は検討してみてはいかがでしょうか?

QUICPayが派生したQUICPayプラス


引用:http://www.QUICPay.jp/QUICPayplus.html

決済にクレジットカードが必要なQUICPayですが、年収や職業、居住年数や借入状況などの事情でクレジットカードが作れない・または、セキュリティ面などで不安がありクレジットカードを作る事に抵抗がある方でも、QUICPayを作る事は出来ます。

それを可能にするのが「QUICPay+(プラス)」です。

このQUICPayプラスは、先程ご紹介したクレジットカードを持っていない・持たない方でもQUICPayを使える様にするために開発された決済方法で、最近使う方の数が増えてきています。

QUICPayプラスは、使った金額の引き落としを「プリペイドカード」「デビットカード」に設定が出来るのが特徴です※デビットカードは順次対応予定ですが、デビットカードを使う方も増えてきているので、QUICPayとの連携を心待ちにしている方は多いと予想されます。

また、QUICPayプラスで使った金額も、設定したカードによってポイントが貯まるので、使い方もQUICPayと変わりはありません。

さらに、1回に使える金額に上限があるQUICPayと異なり、QUICPayプラスは使える金額の上限が比較的緩やかなので、高額や少額を問わず様々なお買い物を楽しむ事が出来ます※具体的な上限は設定したカードによって異なりますので、QUICPayプラスを使う前に確認しておく事をオススメします。

多くのメリットがあるのがQUICPay

スマートでスムーズな決済が出来る以外にも、交通系ICカードやapple payにも対応しているQUICPayは、これからの決済の定番にもなりえると評判です。

事前に使いたい金額をチャージする電子マネーと比較しても、使い勝手も高いQUICPay・QUICPayプラスを毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

おすすめクレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

電子マネーQUICPay(クイックペイ)おすすめページ