プリペイドカードが決済を変える!?お得なプリペイドカード比較情報も

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!

これからの決済の主流になると期待されているプリペイドカード

お買い物やサービスを決済する時は、どんな決済を使っていますか?

最も多いのが現金で支払う事が多いですが、小銭を出すのが煩わしい時がありますし、その度にレシートを取っておく事も面倒です。

また、食費の管理も家計簿をつける事を忘れてしまったりと、何かと現金での管理は大変です。

そんな時に活躍するのが「プリペイドカード」です。

事前に使いたい金額分しか使う事が出来ないので管理も簡単で、煩わしい小銭の準備も必要ありません。

このサイトは、そんなプリペイドカードについて細かくご紹介していきます!!

プリペイドカードの基礎知識


引用:https://www.casino-winnersclub.com/prepaid-card.php

インターネットの普及に伴い急速に発展を遂げた決済方法として、多くの利用者がいるプリペイドカード。

ここでは、プリペイドカードの意味や歴史についてご紹介します。

・プリペイドとは「前払い」の意味

プリペイドカードのプリペイドとは、英語のプリ(前もって)とペイド(支払った)が一緒になった言葉で、日本語では「前払い」の意味を持っています。

前もって決まった金額を入金または積み立てておく事で、様々な商品やサービスを購入または利用する事が出来ます。

また、プリペイドカードは有価証券でもあり、証票(前払い)の一つでもあります。

ちなみに、クレジットカードなどの後払いは「ポストペイ」と呼ばれており、プリペイドカードとクレジットカードとの違いは、前もって決まった金額を入金しておくプリペイドカードとは決済方法が異なりますので、プリペイドカードはクレジットカードやデビットカードとは種類が異なります。

・意外に長い歴史があるプリペイドカード

元々は海外が発祥の決済方法のプリペイドカードは、日本で導入されたのは旧電電公社(現在のNTT)が、公衆電話用のプリペイドカード「テレホンカード」を作った事がキッカケです。

テレホンカードに似たサービスとしては、高速道路を使う時の「ハイウェイカード」や郵便局で使える「ふみカード」もあります。

その後、JRや私鉄などでも現金や定期券に変わる決済サービスの必要性が増してきて、それに伴うプリペイドカードも開発されていきました。

さらに、携帯電話にもプリペイドカードと同様の機能が搭載されるようになり、プリペイド携帯や専用のアプリケーションも開発されていきました。

ちなみに、利用済みのテレホンカードやハイウェイカードを、海外の援助資金の一部として利用する団体もあり、また利用済みカードを何枚か集めると、決まった金額分のプリペイドカードが1枚もらえる取り組みを行っている会社もあります。

・電子マネーはプリペイドカードに分類される事が多い

これらの特徴があるプリペイドカードは、現金を準備する必要がなく決済も簡単に済ませる事が出来るので、電子マネーはこのプリペイドカードに分類されます※クレジットカードとの連携がある一部の
電子マネーは、ポストペイと分類される事もあります。

プリペイドカードにはどんな種類がある?


引用:筆者撮影

それでは、プリペイドカードにはどんな種類があるのでしょうか?

シーンに応じて使う事が出来るプリペイドカードをご紹介します。

・交通系ICプリペイドカード

毎日の通勤や通学、お買い物で使う事の多い公共交通機関で使えるプリペイドカードは、全国各地にあります。

交通系ICカードとしてよく知られているのが、Jr東日本が発行しているSuica(スイカ)です。SuicaはJRはもちろん、地下鉄やバスなどにも使えますし、iPhoneをお持ちの方ではapple製品との連携が出来るアプリケーションもあります。

その他では、JR西日本が発行しているICOCA(イコカ)、JR北海道が発行しているKitaca(キタカ)、関東の私鉄が発行しいるPASMO(パスモ)などがあり、これらは「全国相互利用対応」なので、全国各地で使う事が出来ます。

ちなみに、関西の私鉄が発行しているPiTaPa(ピタパ)は、クレジットカードと同じ決済方法(後払い)なので、SuicaやICOCAあんどが使えるお店でも使う事が出来ないので、気を付けておくと安心です。

・買い物系プリペイドカード

続いては、大型ショッピングセンターやコンビニエンスストアが発行しているプリペイドカードです。

買い物系プリペイドカードで有名なのが、イオンが発行しているWAON(ワオン)で、全国各地のイオン系列のショッピングセンターはもちろん、ミニストップやローソンなどのコンビニエンスストアでも使う事が出来ます。また、ご当地限定のWAONカードもあるので、お土産としても購入されています。

その他では、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで使えるnanaco(ナナコ)や、ヨドバシカメラやミスタードーナツ、各コンビニエンスストアで使える楽天Edy(エディ)などがあります。

入金されている金額分しか使う事が出来ないので、使いすぎる事もないので管理も簡単です。

ちなみに、これらの買い物系プリペイドカードは、利用金額に応じてポイントも付きます。

・買い物系ポストペイ

事前に好きな金額を入金する事で使う事が出来るプリペイドカードと比較されやすいのが、後払い型の「ポストペイ」です。

ポストペイとは、決済用のクレジットカードと紐づける事で使える様になる決済方法で、使った金額が後日紐づけたクレジットカード口座から引き落とされます。

クレジットカードの電子マネー版といっても過言ではありません。

買い物系ポストペイとして認知されているのが、大手携帯電話会社のNTTドコモと、大手クレジットカード会社の三井住友カードがタッグを組んで展開している「iD」と、大手クレジットカード会社のJCBが展開している「QUICPay」があります。

どちらも主なコンビニエンスストアやファミリーレストランで使えますが、それぞれの買い物系ポストペイでしか使えないお店やサービスがり、それぞれを使う事でのメリットも異なります。

・インターネット上で使えるプリペイドカード

インターネットショッピングやゲームなど、実店舗を持たないショップを使ったサービスの支払いに使われるのが「ネットプリカ」です。

ネットプリカとは、その名の通りインターネット上で使えるプリペイドカードの事で、決済金額に割り振られた専用番号を入力するだけで決済完了です。

ネットプリカで使えるサービスは多彩で、携帯電話や国際電話、「ビットキャッシュ」「C-CHECK」などの電子マネーなどがあります。

ちなみに、このネットプリカは大手コンビニエンスストアのサークルKサンクスが独自に開発した決済方法です。

その他では、「iTunes」や「GooglePlay」の決済に使えるインターネット上で使えるプリペイドカードもあります。

プリペイドカードマニュアル


引用:https://www.photo-ac.com/main/detail/688100?title=%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB2&selected_size=s

様々な種類があるプリペイドカードですが、ここでは実際に使える場所や使い方についてご紹介します。

・買い物以外にも使える

主にお買い物やサービスの決済に使うプリペイドカードですが、実はそれ以外にも使える事をご存知でしょうか?

交通系ICプリペイドカードでは、全国相互利用のメリットを活かして、JRや私鉄など多彩な公共交通機関で使えますので、旅行やビジネスにも安心です。

また、交通系ICプリペイドカードに対応しているコインパーキングも徐々に登場していますので、外出先でも安心して車を停める事が出来ます。

さらには、旅行で困る事のある荷物の管理でも、交通系ICプリペイドカード対応のコインロッカーも主な駅や百貨店に設置されているので、手ぶらで動きたい方におすすめです。

・使い方は提示や機器にかざすだけ

プリペイドカードの使い方は、ネットプリカなどのインターネット上で決済するタイプ以外は、共通した使い方をします。

最も多くの使い方は、電子マネー決済対応の機器にかざすだけです。

イメージしやすいのは、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどのレジの横にある機器にかざす事です。

使うカードやデバイスに違いがあっても、機器にかざす方法は共通しています。

公共交通機関の場合は、自動改札機やバスの降り口に設置している機器にかざすだけで完了です。

ちなみに、機器にかざす前には、かざす場所が点滅しているので分かりやすい事もポイントで、初めて電子マネー決済を行う方でも安心です。

・プリペイドカードはここで購入出来る

これらのプリペイドカードは、使うタイプによって購入する場所が異なります。

交通系ICカードは主な駅やバスターミナルはもちろん、バスの車内でも購入する事が出来ますし、車内ではチャージも出来ます。

買い物系プリペイドカードは発行しているスーパーマーケットや百貨店、またはコンビニエンスストアでも購入する事が出来ますし、楽天Edyはミスタードーナツなどでもカードを作りチャージをすれば、その日から使う事が出来ます。

買い物系ポストペイについては、iDはNTTドコモショップ〜で購入する事が出来ますし、QUICPayはJCB提携店で購入する事が出来ます。

ちなみに、これらはカード以外にもスマートフォンのアプリケーションとして購入する事も出来ますので、ご自身のライフスタイルに合ったプリペイドカードを選ぶと便利です。

ネットプリカなどのインターネット上で使えるプリペイドカードは、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどでも購入する事が出来ます。

プリペイドカードで貯まるポイントは?


引用:https://news.walkerplus.com/article/113626/image626207.html

使う場所やお店によって異なるプリペイドカードは、使う金額に応じてポイントも貯まります。

・交通系ICプリペイドカード編

通勤や通学はもちろん、買い物やイベントなどでJRや地下鉄などの公共交通機関を使う方も多いです。

これらの公共交通機関に使える交通系ICプリペイドカードは、使った金額に応じてポイントが貯まるタイプが大半です。

最も多いパターンは、100円に付き1ポイントが貯まり、貯まったポイントは乗車時に使う事が出来ます。

また、交換したポイントはコンビニエンスストアやスーパーマーケットでのお買い物にも使う事が出来ます。

ちなみに、乗り換えるともらえるポイントなどカードによって多彩なポイントサービスもありますので、お持ちの交通系ICプリペイドカードを確認してみるのもポイントです。

・買い物系プリペイドカード編

毎日のお買い物などで使う事の多い買い物系プリペイドカードも、使った金額分のポイントがもらえます。

もらえるポイント数は、100円につき1ポイントが多いですが、お店によっては5・10日など特定日にポイントが倍になるなど、ポイントの付与サービスも様々です。

また、カードの残額が不足した場合に、紐づけたクレジットカードから入金するだけでポイントがもらえるサービスを行っているカードもありますので、買い物系プリペイドカードとクレジットカードと紐づけたい方には、こういった使い方もおすすめです。

さらには、入会するだけでもらえるポイントもありますので、よく使うお店に対応している買い物系プリペイドカードを作ると安心です。

・買い物系ポストペイ編

使った金額を後から清算するタイプのポストペイでも、使った金額に応じてポイントが付きます。

iDの場合は、マクドナルドやローソンなどiD対応のお店で使うと、基本は200円で1ポイントが貯まります。

iDで貯まるポイントは、NTTドコモが発行してる「dポイント」です。

iDはクレジットカードと連携で使う事になりますので、クレジットカードを利用した事のポイントも同時にもらえます。

また、ドコモユーザーでは、毎月の携帯電話料金に応じてdポイントが貯まり、貯まったポイントをiDとして使う事が出来ます。

QUICPayの場合は、コンビニエンスストア最大手のセブンイレブンが発行している電子マネーnanacoにも搭載されています。

貯まるポイントは、iDと同じく200円につき1ポイントですが、決済に使うクレジットカード会社によって、ポイントの還元率が異なります。

通常のお買い物に付与されるポイントとは別にポイントが付くので、ダブルでお得にポイントを貯める事が出来ます。

・インターネット上で使えるプリペイドカード編

オンラインゲームなどの決済に使う、インターネット上で使えるプリペイドカードも、クレジットカードとの連携でポイントが付きます。

決済金額をクレジットカードから引き落とすだけでもらえるポイントサービスもあれば、毎月使っている携帯電話との連携でポイントが付くなど、様々なパターンがあります。

また、スマートフォンのアプリケーションとの連動したカードもあるので、LINEスタンプの購入にも使えるカードもあります。

プリペイドカードにまつわるQ&A


引用:http://gaku-tabi.com/?p=662

ここでは、プリペイドカードについての疑問点についてご紹介します。

・チャージ出来る金額に上限はあるの?

一度にチャージ出来る金額については、それぞれのプリペイドカードによって異なります。

最大で20,000円までのプリペイドカードもあれば、更に上限が高いプリペイドカードもありますので、使う前に確認しておくと安心です。

・電子マネーは現金に換える事は出来る?

基本的に電子マネーは現金に換える事は出来ませんが、交通系ICプリペイドカードは、解約時に手数料を払った上で残額が返金する事が出来ます。

詳しくは各交通系ICプリペイドカードの利用規約をご確認ください。

・紛失や盗難に遭った時はどうなる?

プリペイドカードを紛失や盗難に遭った場合は、クレジットカードと同じく発行しているカード会社へ連絡する事で、第三者に使われる事を防ぐ事が出来ます。

この連絡が遅れると、クレジットカードと紐づいているプリペイドカードは、使われるだけ引き落とし金額が上がってしまうので、注意が必要です。

これからの決済に欠かせなくなってきたプリペイドカード

お買い物はもちろん、交通機関の移動や駐車など、多くのシーンで使う事が出来るプリペイドカードです。

同じ金額を支払うなら、ポイントが付いて管理も簡単なプリペイドカードに切り替えてみてはいかがでしょうか?

プリペイドカードは種類や特徴も様々です

様々な場所や買い物内容で使えるのがプリペイドカードです。

事前に使いたい金額分をチャージしておく事で使えるプリペイドカードですが、中には後払い方式で決済するカードもあります。

鉄道やバスを始め、朝食や夕食などのお買い物などでコンビニエンスストアやスーパーマーケットを利用したりと、プリペイドカードを使う機会は多くあります。

様々なタイプがあるプリペイドカードですが、ここでは大きく4つに分類して、それぞれを比較していきます!!

最後の辺りには質問も用意しています。

これからプリペイドカードを持って見ようと考えている方はもちろんですが、すでにプリペイドカードを持っている方にもおすすめの内容となっています!!

交通系ICプリペイドカード


引用:https://www.netmile.co.jp/contents/electronicmoney/iccard/1611.html

・全国各地で使えるのが嬉しい

JRや私鉄、高速バスや路線バスなど、全国にある公共交通機関で導入が進んでいる「交通系ICプリペイドカード」。

予め入金した金額の範囲内で地下鉄やバスなどに乗る事が出来るので、定期券とメリットなどを比較した上で使っている方も多いのもこの交通系ICプリペイドカードの特徴です。

交通系ICプリペイドカードは、「全国相互利用」を採用しているので、全国各地で交通系ICプリペイドカードに対応している公共交通機関で使う事が出来ます※一部の鉄道事業者は、交通系ICプリペイドカードを採用していないので、事前に確認しておくと安心です。

JR東日本の「Suica」やJR西日本の「ICOCA」、九州が地盤の西日本鉄道の「nimoca」など、全国各地で様々な交通系ICプリペイドカードが発行されています。

そのため、旅行やビジネスで遠くに出かけた時でも、交通系ICプリペイドカード対応なら移動も簡単です。

・購入出来る場所もたくさん

これらの交通系ICプリペイドカードは、購入出来る場所もたくさんある事がポイントです。

全国の主要な駅や空港、交通系ICプリペイドカードを発行している事業者が運営しているスーパーマーケットなどでも購入する事が出来ます。

また、券売機でも購入する事が出来るので、急きょ移動をしないといけなくなった時にも安心です。

ちなみに、交通系ICプリペイドカードは発行した時にデポジット入金が必要で、カードを返却(解約)した時に戻ってくるのもポイントです※500円前後が大半

・電車などの乗り物以外にも使える事がポイント

公共交通機関を使う時に活躍する交通系ICプリペイドカードですが、チャージもしくは使った金額に応じて貯まったポイントは、乗り物以外にも使う事が出来ます。

一番定番な使い方としては、交通系ICプリペイドカード対応のコンビニエンスストアやショッピングセンターなど、お買い物で使う事が挙げられます。

それ以外では、車を駐車する時に欠かせないコインパーキングや、駅や空港に備えているコインロッカーなどがあります。

買い物系プリペイドカード


引用:http://miletamechan.com/2016/03/24/diary160324/

・コンビニエンスストアやファストフードなど使えるお店もたくさん

プリペイドカードとして思い浮かべる事が多いのが「買い物系プリペイドカード」です。

このプリペイドカードは、スーパーマーケットやショッピングモールなどを運営している事業者が発行しているプリペイドカードです。

使い方としては、先程ご紹介した交通系ICプリペイドカードと同じく、予めチャージしておいた金額分のみ使う事が出来るので使い過ぎる事もありません。

買い物系プリペイドカードとして有名なのが、セブンイレブンやイトーヨーカドーを運営しているセブンアンドアイホールディングスが発行している「nanaco」、イオンやミニストップなどを運営しているイオンが発行している「WAON」、楽天市場や楽天ポイントを運営している楽天が発行している「楽天Edy」などがあります。

どの買い物系プリペイドカードも1ポイントから使う事が出来て、お買い物時の端数の支払いにも使えて便利です。

これらのお店でお買い物をする機会の多い方は、現金支払いと比較してもポイントが付いて、なおかつ管理も簡単な買い物系プリペイドカードに切り替えてみるのもおすすめです。

・その場で購入してすぐに使える

買い物系プリペイドカードは、クレジットカードとの連携を設定しない場合は、購入してチャージするとその日から使う事が出来ます。また、登録料や年会費が掛からないのが大半です。

一部のコンビニエンスストアでは、商品が陳列している棚に買い物系プリペイドカードが置いてあり、レジでそのまま入会手続きとチャージが出来てしまう程、利便性の高い事もポイントとなっています。

また、初めて登録した方に特別ポイントをプレゼントしたり、お誕生日や特定日などで不定期にポイントをプレゼントする企画などもあるので、いつの間にかポイントが貯まっている事もあります。

・公共料金の支払いにも使える

電気代やガス代、所得税や自動車税など、生活をしていると様々な税金が掛かってきます。

一般は現金で税金は支払いますが、一部の買い物系プリペイドカードで税金の支払いが出来る事をご存知でしたか?

セブンイレブンなどで使えるnanacoはレジで公共料金の支払いが出来ますので、急な税金の支払いにも助かります※公共料金の支払いではnanacoポイントは付かないので注意が必要です。

ちなみに、公共料金の支払いでポイントを貯めるには、nanacoのチャージをクレジットカードで行う事で、チャージした金額分(公共料金代)が、クレジットカード利用としてポイント付与の対象となりますので、結果としてポイントを貯める事が出来ます。

結果としてポイントが付かない現金払いと比較しても、クレジットカードを紐づけた支払い方法はお得といえます。

買い物系ポストペイ


引用:https://gatten.me/applepay-id-quicpay-shops

・レストランやホテルなど幅広く使える

事前に使いたい金額をチャージしておく事で初めて使えるのがプリペイドカードですが、中には使った金額を後日まとめて支払う「買い物系ポストペイ」タイプもあります。

使った金額分だけ支払うので、感覚としてはクレジットカードに近いカードですが、電子マネーとしての利便性も高いものがあります。

買い物系ポストペイで有名なのが、NTTドコモが主体で運営していて、ドコモユーザーを中心に支持が厚い「iD」や、大手クレジットカード会社のJCBが運営している「QUICPay」などがあります。

これらは、クレジットカードと連携させる事で利便性が高くなるので、クレジットカードと一緒に作る方が多いです。

また、使える場所も様々で、レストランやコンビニエンスストアはもちろん、ホテルや空港内のショップでも使う事が出来ます。

iDとQUICPayを比較してみても、使えるお店やサービスの数はあまり大差はありませんが、それぞれでしか使えないお店やサービスもありますので、事前に確認しておくと会計時に慌てなくて済みます。

・クレジットカードとの連携でポイントがお得に貯まる

買い物系ポストペイの特徴は、クレジットカードの引き落とし口座を使って支払いをしますが、支払いをクレジットカードで行う事でポイントが貯まりやすくなるのも特徴の一つです。

もらえるポイント数は、決済するクレジットカードによって異なりますが、平均で200円で1ポイントとなっています。

iDはドコモユーザーが多く使っているので、毎月の携帯電話料金やコンテンツ利用料金も合算してポイントを貯めている方も多くいます。

・キーホルダーやコインタイプもある

買い物系ポストペイは、カードタイプやスマートフォンなどのデバイスが定番ですが、それ以外にも個性的なタイプがあります。

特にQUICPayは個性的なタイプがある事でも人気があり、飛行機の翼をイメージした「ANA QUICPay」や、コイン型の「QUICPayコイン」があります。

一味違う買い物系ポストペイを求める方におすすめです。

インターネット上で使えるプリペイドカード


引用:http://official-blog.line.me/ja/archives/1008395175.html

・欲しい時に短時間で購入出来る

インターネット上で使えるプリペイドカードも、最近は使う方も増えてきました。

オンラインゲームやショッピング、動画配信サービスなど様々なサービスで使う事が出来ますが、決済のスピードも魅力の一つです。

広く知られているのが、大手コンビニエンスストアのサークルKサンクスが展開している「ネットプリカ」や、「WebMoney」「C-CHECK」などがありますし、「iTunes」や「Googleplay」も、インターネット上で使えるプリペイドカードの一つでもあります。

これらのプリペイドカードは、購入する時に個人情報の入力が不要(アカウント情報は必要)で、購入金額に割り振られたひらがなや英数字などを専用のフォーマットに入力すれば完了です。

また、決済から入金までのスピードが速い事もポイントで、入金結果の反映にタイムラグがある銀行振込と比較しても、時間を置かずに決済出来るのでおすすめです。

・コンビニエンスストアで買えて、品切れの心配もない

インターネット上で使えるプリペイドカードは、購入出来る場所も身近です。

大半のコンビニエンスストアに置いてある専用端末を操作する事で、スピーディーに購入が出来ますし、購入出来る金額も1,000円からと少額ですので、「あと少しだけ購入したい」との気持ちにもしっかりと応えてくれます。

また、このプリペイドカードは品切れの心配がないのもポイントで、365日24時間購入出来るので頻繁にインターネットショッピングなどを楽しんでいる方にもおすすめです。

プリペイドカード別体験談


引用:http://jpn.nec.com/e-payment/ic/index.html

・交通系ICプリペイドカード編

筆者はよく色んな所へ旅行に出かけるのですが、その時でも交通系ICプリペイドカードはとても役立っています。

交通系ICプリペイドカードは、地域が違っても金額やチャージ方法も変わりませんし、大半の公共交通機関をカバーしてくれるのも嬉しいです。

また、ブランドによって使えるお店が限られているクレジットカードと比較しても、専用端末さえあれば決済出来る交通系ICプリペイドカードは魅力です。

急に飲み物が欲しくなった時でも、コンビニエンスストアなどに入れば購入する事が出来ますので、不慣れな旅行先でもいつもの交通系ICプリペイドカードが使えて安心しています。

・買い物系プリペイドカード編

筆者はよくイオン系のショッピングモールを利用していますので、WAONを持って買い物をしています。

WAONなどの買い物系プリペイドカードは、クレジットカードと比較してもポイントの還元率が高いので、イオン系のショッピングモールに出かける時には必ず携帯しています。

また、マイバッグを忘れた時に購入するレジ袋の代金にも使えますので、思わぬトラブルにも対応しています。

ちなみに、イオン系のショッピングモールでは特定日のお買い物で「ポイント大量ゲット」が狙えますので、なるべく特定日に合わせて買い物に行く様に調整しています。

・買い物系ポストペイ編

クレジットカードとの連携で残高不足の心配がなく、スマートに決済出来る買い物系ポストペイも使っています。

筆者が使っているのが、iPhoneとの連携でスマートなお買い物が出来るiDです。

予めiPhone内でiD決済用のクレジットカードを登録しておいて、その後は決済に対応しているお店でかざせば完了です。

また、年会費や手数料も不要なので、ポイントを効率的に貯めるために頑張って使っています。

・インターネット上で使えるプリペイドカード編

オンラインゲームや動画サイトもよく利用しているので、インターネット上のプリペイドカードもよく利用しています。

今すぐオンラインゲームの続きがしたい時や、課金してでも観たい動画がある時には、時間を掛けずに決済したいので、このプリペイドカードは非常に助かっています。

また、近年問題となっているクレジットカード情報の漏洩も怖いので、セキュリティ面などを比較して、個人情報の入力が必要ないインターネット上で使えるプリペイドカードは利便性が高い決済方法です。

プリペイドカードのQ&A


引用:http://gaku-tabi.com/?p=662

・交通系ICプリペイドカードを採用していない事業者があるのはなぜ?

JR東日本の「Suica」JR西日本の「ICOCA」など、全国の公共交通機関で使える交通系ICプリペイドカードがある一方、一部の交通系ICプリペイドカードは全国相互利用に対応していません。

この理由は、専用機器の設置費用や利用者数などの問題がありますが、いずれは全国的に使える交通系ICプリペイドカードも増える予定になっていますので、今後の推移を見守る必要があります。

また、交通系ICプリペイドカードは地方が対応していない事が比較的多いので、地方に出かける際には注意が必要です。

・買い物系プリペイドカードのポイントは、スマートフォンアプリに引き継ぐ事は出来る?

基本的には、カードに貯まっているポイントはカードでしか使う事は出来ませんので、カードのポイントはそのまま使う事になります。

また、スマートフォンアプリで貯まったポイントを、プリペイドカードに移す事も出来ません。

・iDを使いたいけど不正利用が気になる

キャッシュレスでのお買い物で気になるのが不正利用ですが、ある一定金額のお買い物をする時には、暗証番号の入力をサインの代わりにしています。

また、スマートフォンに搭載しているロック機能を活用する事で、これらの不正利用を防ぐ事も出来ます。

・WebMoneyを購入する時は商品券でも大丈夫?

インターネット上で使えるプリペイドカードの中で利用者の多いのがWebMoneyですが、このWebMoneyはコンビニエンスストアで現金のみ購入可能です。

専用端末で申し込み券を発券して、その後はレジで支払いを済ませれば完了です。

自分に合ったプリペイドカードで決済をもっと楽しもう!!

プリペイドカードについて、種類ごとに細かくご紹介してきましたがいかがでしたか?

キャッシュレスでスマートな決済が出来るプリペイドカードは、これからの決済には欠かせなくなってきます。

どうせ支払うならお得に支払いたいとお考えの方は、今回ご紹介したプリペイドカードを比較した上で、プリペイドカードへの切替えを検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめクレジットカードランキング2017

1位
楽天Edy付きで楽天市場はいつもポイント4倍!
2位
女性向け特典満載!クレカ、Rポイント、Edy
3位
電子マネー達人愛用!iD付き知名度安心感抜群!
4位
ローソンで6%お得!dポイントがたまる!iD搭載!!
5位
Suica利用者には便利&お得!鉄板!