ついにedy搭載の楽天カードでもapple pay iphoneが使えるように!

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2018

1位
楽天Edy付き!楽天市場はいつもポイント4倍でお得です♪
2位
女性向けの特典満載!映画やグルメをお得に♪edy付き
3位
6月まで入会&利用特典キャンペーン実施中!iD付き
4位
チャージの手間がなくなる!毎日の通勤・通学もお得に♪
5位
電子マネー達人も愛用!知名度も安心感も抜群です。iD付き

ついに楽天カードがApple Payが対応に!!

入会時に印鑑・免許証が不要・年会費がずっと無料・100円で1ポイントと還元率の高さでも人気なのが「Edy機能付楽天カード」です。

通常の買い物や公共料金の自動引き落とし、不定期開催のポイントキャンペーンにエントリー・利用するだけで、ポイントが何倍も貯まるなどポイントに関しても高い人気を得ています。

貯まったポイントは、コンビニエンスストアや楽天市場、ミスタードーナツや楽天トラベルなど使えるお店やWebサイトも数多くあります。その時にEdy機能付楽天カードに搭載しておくと便利なのが「楽天Edy」です。

街中やWeb上で使えるとても便利なEdy機能付楽天カードですが、「Apple Pay」にも対応する事はご存知でしょうか?

楽天Edyの付いた楽天カードはディズニーデザインも人気!
楽天カードお申込みへ


引用:https://www.apple.com/jp/apple-pay/getting-started/

Apple Payとは、米Apple社が開発し、日本では多くの携帯電話会社が販売を取り次いでいる「iPhone」上で、クイック決済が出来るサービスです。

Apple Payはセキュリティ・個人情報保護の面において高評価を得ており、最新型の「iPhone7」「iPhone7 Plus」「Apple Watch Series 2」で決済サービスを行っています。

Edy機能付楽天カードがApple Payに対応出来る様になった事で、既にEdy機能付楽天カードを持っている方はもちろん、Edy機能付楽天カードを持っていない方へ「iPhone+Edy機能付楽天カードの連携で利便性が向上した」と提案しやすくなり、ユーザー・販売店双方にメリットが期待出来ます。

ちなみに、日本国内でのiPhoneの普及率は約7割と大半を占めていて、10人中7人がiPhoneユーザーとの調査結果も出ています(2017年1月〜6月)。

登録方法も簡単・完了したらすぐ使えます!!

では、Edy機能付楽天カードをApple Pay上に登録するにはどうしたらいいでしょうか?

一般的な登録方法は、App Storeから「Walletアプリ」をインストールし、Edy機能付楽天カードを追加画面にかざす事で登録出来ますが、Edy機能付楽天カードの場合には、同じくApp Storeから「Edy機能付楽天カードアプリ」をインストールし、アプリ上で簡単に登録が出来ます。


引用:rakutencard

アプリをインストールと起動したら、「Apple Payをはじめる」をタップします。

続いて「Apple Payを設定」をタップします。

認証キー送信画面から「ワンタイムパスワードを送信する」をタップします。

その後は、送られてきた認証キー・Edy機能付楽天カード裏面の「数字3桁」を入力します。

最後に、「iPhone・Apple WatchのどちらをEdy機能付楽天カードを追加したいか」を選択し、「登録カード確認」「利用条件」画面を確認し、問題無ければ登録完了です。


引用:http://www.quicpay.jp/

また、この時に「QUICPay」への登録も続いて出来ますので、QUICPayを使いたい方はそのまま手続きを完了させます。

ちなみに、Edy機能付楽天カードをApple Payに登録すると、クレジットカードに付いてくる特典も対象となりますし、Apple Payを使った時も100円=1ポイントが付きますので、気づかないうちに楽天ポイントがドンドン貯まります!!

登録方法はいかがでしたか?意外に簡単と感じたのではないでしょうか?

登録が無事に完了したら、いよいよ実際に使ってみましょう!

 

改札機もお会計もワンタッチ!!しかもセキュリティ対策も安心!!


引用:https://www.apple.com/jp/apple-pay/getting-started/

実際に使う前に、Edy機能付楽天カードが正常に登録されているかをWallet」アプリを起動して確認します。TOP画面に登録したEdy機能付楽天カードが表示されたら使えます。

Apple PayはSuicaにも対応しており、チャージや乗車券の購入、改札機の通過もiPhoneやApple Watchをかざすだけで出来ます!!
Apple Watchを改札機にかざして通過する姿は、とてもスマートです!!

それ以外では、楽天Edy・QUICPay・iD決済に対応しているコンビニエンスストアやドラッグストア、大手スーパーなどでのお買い物、様々なアプリケーションの購入やオンラインショップでの決済にも使えますし、カード決済時のサインと暗証番号の入力も不要です。

また、紛失時のセキュリティ対策もApple Payは万全で、「iPhone検知機能の紛失モード」を設定すると、Apple Payの機能を一時的にストップする事も出来ますし、遠隔消去(リモートワイプ)を実行すれば、端末内に入っている大事な個人情報も消去する事も出来ます。

 

AIを組み合わせた斬新な新機能登場に大きな期待を寄せています!!

今回はEdy機能付楽天カード×Apple Payについてご紹介しました。

様々なシーンで使えるだけではなく、紛失や盗難などの万が一でもiPhoneが持つ強固なセキュリティ機能で使えるのがEdy機能付楽天カード×Apple Payです。

これからは、Apple PayとAI(人工知能)を組み合わせた新機能が登場する事も十分に考えられますし、もっと「斬新・便利な機能」が登場する事も期待出来ます。それが実現するには、そう時間は掛からないと筆者は展望しています。

これからのEdy機能付楽天カードに期待です!!

ますます便利になっていくEdy機能付楽天カードですが、まだEdy機能付楽天カードを持っていない方は今がチャンスです!!

年会費永年無料はもちろん、Edy機能付楽天カードに「オートチャージ機能」を設定すれば、お会計時の残高不足を心配する必要もありません!!

ディズニーデザインカードも登場♪
楽天カードお申込みへ

apple payやapple watchと電子マネーは相性抜群

スマートにお買い物や移動していますか?

毎日のお買い物や電車やバスの移動を主に現金で行っている方が大半だと思いますが、決済の時に財布を出したり、金額によって小銭を出さないといけない時もあります。

それらの煩わしさをスッキリと解消してくれるのが「電子マネー」です。

キャッシュレスでスムーズかつスマートに行えるので、時間の短縮はもちろん周りからも羨望のまなざしで見られる事は間違いなしです。

そんな電子マネーも、iPhoneなどを販売しているappleが展開している「apple pay」「apple watch」と、楽天が展開している「楽天edy」の連携が人気を集めています。

今回は、そんな「apple pay」「apple watch」と「楽天edy」の連携について、基本情報や使い方、これらの決済を行うメリットなどについてご紹介していきます!!

apple payとはどんな支払い方法?


引用:https://www.apple.com/jp/apple-pay/

電子マネーでの支払いは、カード型だけではなくスマートフォンなどのデバイスでもアプリなどでも使う事が出来ます。

それぞれにメリットやデメリットがありますが、共通しているのは「利便性の高さ」です。

コンビニエンスストアやスーパー、ドラックストアなどでの会計時に、財布を出す事なくスマートに会計する事が出来るので、多くのユーザーが毎日の生活に取り入れています。

そんな便利な決済方法の中で、最新鋭の決済方法として人気を集めているのが「apple pay」です。

apple payは、iPhoneやiPadを開発を行った事で有名な、アメリカのApple社が展開している次世代の決済方法として、発表当時から注目をされています。

この中でiPhoneを使って決済するのがapple payです。

apple payはedyに対応している?


引用:http://gigazine.net/news/20120201-rakuten-edy/

apple payはiPhoneを使って行う決済方法ですが、楽天が展開しているedyには対応していません。

iPhoneの公式サイトを確認してみても、具体的なサービス開始時期などについての記載がなく、apple payと楽天edyの連携がいつになるのかは現時点では不透明です。

これらの状況は他の電子マネーも同様で、nanacoやWAONなどもapple payで使える様になる時期については、現時点では未確定です。

edyは、楽天市場や楽天イーグルスなど多くのサービスを展開している楽天が、ユーザーの利便性を考えて開発して展開している電子マネーですが、iPhone対応のアプリをインストールして使う事で、専用端末にかざすだけで使う事が出来ます。

apple payにedyを搭載するには?


引用:https://blackoji.net/?p=5748

現時点ではapple payには楽天edyは非対応ですが、apple payのウォレット機能に紐づけるクレジットカードを「edy機能付楽天カード」に設定する事で、間接的に楽天カードに付与されるポイントを獲得する事が出来ます。

一般的に、edyは専用カードやアプリケーションなどを使って、予め使いたい金額を入金(チャージ)しておく事で専用端末にかざしたり、インターネットショッピングの決済画面で「楽天edy」を選択する事で決済が完了します。

また、楽天edyを使う方の大半は、このedy機能が付いた「楽天カード」を持っていて、edyの残高が不足すると自動的にチャージされる機能も活用して、会計時に「ピロリ〜ン」と残念な決済音を店内に響かせる心配もありません。

これらの状況があるので、現時点ではapple payを使って直接edyを使う事が出来ません。

apple payでedyを使うメリット


引用:https://matsunosuke.jp/r-point-card/

先程ご紹介した様に、現時点ではapple payとedyの直接的な連携は出来ませんので、apple payでedyを使うメリットはありません。

また、apple payを展開するApple社からもedyについての言及もないので、edyがapple payに搭載される時期を待つしかありませんし、現時点で楽天のサービスをapple payに対応させるのは、edy機能付楽天カードをapple payの支払い口座として設定する事しかありません。

楽天edyを頻繁に使う方はもちろん、これから決済を電子マネーに集中してみようと考えている方には、1日でも早いapple payの楽天edy対応が待たれます。

iPhoneと楽天edyを連携するにはこれがピッタリ


引用:http://degilog.jp/iphone-edy/

これまでもご紹介しています様に、apple payを搭載しているiPhoneと楽天edyの連携する機能はありませんが、楽天edyを使うために欠かせない機能の残高照会やチャージなどを、iPhone上で行う事が出来る機器が販売されているのをご存知でしょうか?

その機器とは、SONYが開発と販売している携帯型カードリーダー・ライターの「PaSori(パソリ)」です。

このパソリは、iPhoneとBluetoothで接続する事で使う事が出来る様になり、edyを始めとした電子マネーの残高照会やチャージ、または使った金額などを表示出来る履歴確認も、このパソリを使えば出来る様になります。

設定方法は、iPhoneとパソリを同期させるだけで完了ですが、専用のアプリケーションをお手持ちのiPhoneにインストールする事も必須です。

このパソリは、履歴の確認以外にもチャージも出来るので、急なチャージが必要になった時にも活躍します。

現時点では、楽天edyはapple payに対応していないので、これらのパソリを使う事になるので若干不便ではありますが、これらの機器を上手に活用する事がポイントです。

apple payが対応しているカードは?


引用:https://matsunosuke.jp/apple-pay-credit-card/#i

毎日のお買い物以外にも、交通系電子マネーにも対応しているapple payは、多くのクレジットカード・プリペイドカードとの連携にも優れています。

apple payは、使った金額の支払いをクレジットカードやプリペイドカードを設定する事で、コンビニエンスストアやスーパーなどのお店や、電車やバスなどの公共交通機関で使える様になります。

設定したクレジットカードやプリペイドカードは、現在apple payで使う事が出来る電子マネー「QUICPay」や「iD」として割り当てられるので、これらのシールが貼っているお店などで使う事が出来ます。

また、支払い方法として設定したクレジットカードやプリペイドカードのブランドにより、QUICPayもしくはiDになるかが自動的に決まります。

例えば、大手クレジットカード会社が発行しているJCBや三菱UFJニコス、アメックスやビューカードなどはQUICPayになりますし、iDは三井住友カードやライフカード、イオンカードやポケットカードなどが自動的に設定されます。

また、携帯電話系のプリペイドカードとして人気があるソフトバンクカード、dカードやau WALLETクレジットカードでも、カードのブランドによってQUICPayやiDに割り当てがされます。

さらには、QUICPayで割り当てられた時には、別ページでご紹介する「QUICPay+(クイックペイプラス)」の機能も付いてきますので、決済の幅が広がり便利になります。

apple payが使えるお店やサービスは?


引用:https://www.apple.com/jp/apple-pay/

専用端末にかざすだけで使えるapple payですが、対応しているお店やサービスも既存のお店以外にも徐々に広がってきています。

現在、apple pay決済に対応しているのが「Suica」「QUICPay」「iD」のシールが貼っているお店や、インターネットショッピングなどの決済画面にこれらのマークがあるWebサイトです。

最も身近なのが、コンビニエンスストアやスーパーのレジ横に設置している専用端末ではないでしょうか。

この中でも、通勤や通学などでJRや私鉄を使っている方にはSuicaがイメージしやすいとも思います。Suica対応のお店で使う場合には、事前にiPhoneにSuicaアプリをインストールした上で、apple payが使える設定を完了させると、そのままapple payを使って決済が出来ます。

具体的なapple payが使えるお店やサービスは、iPhoneやiPadのアクセサリーなどを店頭販売しているアップルストアや、全国展開している大手ショッピングセンターのイオン、セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニエンスストアなどがあり、その他にもすき家やマツモトキヨシ、ユニクロやヨドバシカメラなどのお店、ENEOSやエッソモービルゼネラルなどのガソリンスタンドでもapple payを使う事が出来ます。

さらには、QUICPayやIDなどの電子マネーに対応したコカ・コーラの自動販売機でもapple payは使えるので、毎日の生活にピッタリの決済方法です。

apple payが使えるお店やサービスについて、もっと詳しく知りたい場合には、QUICPayやiDの公式サイトで確認する事も出来ますので、apple payを使う前に調べてみるにもオススメです。

apple payに似た決済方法の「楽天ペイ」とは?


引用:https://pay.rakuten.co.jp/detail/

apple payはiPhoneを使ってスマートに行う決済方法で、多忙なビジネスマンやOL、スマートな決済を先取りしたい方などを中心に支持を集めていますが、楽天edyを展開している楽天も、次世代の決済方法を開発しています。

それが「楽天ペイ」です。

楽天ペイは、大手インターネットショッピングの楽天市場はもちろん、ローソンなどのコンビニエンスストアでも使う事が出来ます。

使い方は、お会計時に店員さんに「楽天ペイで支払います」と伝えると、専用端末にバーコードをかざすだけで決済が完了しますのでスピーディでスマートに決済が出来ます。

また、支払った金額に応じて様々なサービスで使える楽天ポイントが貯まります(200円で1ポイント)し、決済時に楽天ポイントを1円(1ポイント)から使う事が出来ますので、小銭を使いたい時などに最適です。

さらに、楽天ペイに楽天カードを紐づける事で楽天ポイントが上乗せで貯まるので、楽天ポイントを効率的に貯めたい方にピッタリです。

ちなみに、この楽天ペイとapple payは機能的に似ている部分が多いので、使うシーンや使えるお店やサービス、現在持っているスマートフォンの機種などによって使い分ける方も多くいます。

今後の展開としては、apple payが対応する電子マネー決済が増えてくると、これらを使う方の割合も変わってくると予測されます。

apple watchとは?


引用:https://www.apple.com/jp/watch/

スマートな決済を行うのは、スマートフォンやカードだけではありません。

iPhoneとセットで購入・使う方が急増してきたのが「apple watch」です。

apple watchとは、iPhoneを開発したアメリカのアップル社が、次世代のウェアラブル端末として開発と販売しているデバイスで、現在はシリーズ3が最新モデルです。

また、ナイキやエルメスなどのブランドとコラボしているapple watchも販売されるなど、様々なタイプが販売されているのもapple watchの特徴です。

apple watchのタイプによっては、防水機能が充実していたり、走りながら通話が出来たり、メールの受信が出来るなど機能も充実しています。

apple watchとedyの連携は?


引用:http://gadget-system.com/wena-wrist/wena-wrist-edy-anamile

現時点では、apple watchとedyの連携は出来ていません。

今後は、iPhoneなどと同じくedyの連携が可能になる可能性はありますが、具体的な時期や方法などは未定です。

代替案として、腕時計をしたままedyを使うには、もともとedyが内蔵されているレザーバンド「Wena Wrist Leather(ウェナ リスト レザー)がオススメです。

このレザーバンドは、お気に入りの腕時計のバンドとして使える電子マネー内蔵のバンドです。

しかも、もともとedyが内蔵しているのでチャージしておくとすぐに使う事が出来ます。

レザーバンドにedyがチャージしておくと、コンビニエンスストアなどでのお買い物はもちろん、雨の日や荷物が多くて財布を出すのも大変な時にも、手首をかざすだけで会計が出来てしまうので、忙しい毎日でも活躍する機会の多い電子マネー関連グッズです。

apple watchとedyの連携がまだ完成していない状況では、この方法がオススメです。

apple watchでedyを使うメリットは?


引用:https://amatou-papa.com/rakuten-card/

先程もご紹介した様に、現状はedyとapple watchの連携は出来ておらず、特別なメリットはありません。

しかし、今後apple watchとedyが連携出来るの時の事を考えたら、現在apple watchが出来ている決済方法の中にedyが追加されると、多くの場面でapple watchが活躍する機会が増えてくると予想されます。

ちなみに、現在edyを利用している方はSuicaなどに続いて多いので、apple watchとedyの連携が可能になると更なる利便性の向上が期待出来ます。

apple payの体験談

Suicaなどを通じてスマートに決済が出来るapple payは、多くのシーンで使う事が出来ます。

一番多く体験出来るのがコンビニエンスストアやスーパーで、早朝や夕方など買い物客が多い時間帯でもスムーズなお会計が出来るので、混雑緩和につながります。

実際にも、急に夕方お買い物をする事になったのでスーパーへお買い物をした時も、apple payを持っていたのでそのままお買い物が出来ました。

クレジットカードから引き落としされるので、手元に財布が無くても安心で使った金額もリアルタイムで確認する事が出来ます。

apple payで新時代の決済をしてみませんか?

現金不要でスマートな決済が出来るので、これからの決済方法のスタンダードとして注目されているapple pay。

毎日のお買い物はもちろん、通勤などの移動にもスマートに使えるので、一度の設定で長く使う事の出来るapple payは持っているだけで生活の幅が広がりますよ!!

おすすめのカードがこちら!

おすすめクレジットカードランキング2018

1位
楽天Edy付き!楽天市場はいつもポイント4倍でお得です♪
2位
女性向けの特典満載!映画やグルメをお得に♪edy付き
3位
6月まで入会&利用特典キャンペーン実施中!iD付き
4位
チャージの手間がなくなる!毎日の通勤・通学もお得に♪
5位
電子マネー達人も愛用!知名度も安心感も抜群です。iD付き

電子マネー楽天おすすめページ