電子マネーを使う年齢層にも違いがあることが判明!!

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2018

1位
楽天Edy付き!7,000ポイントキャンペーンは7/23まで!
2位
女性向けの特典満載!映画やグルメをお得に♪edy付き
3位
ローソンなどでお得にポイントがたまります♪iD付き
4位
チャージの手間がなくなる!毎日の通勤・通学もお得に♪
5位
電子マネー達人も愛用!知名度も安心感も抜群です。iD付き


引用:http://jpn.nec.com/e-payment/housemoney/index.html

毎日の通勤や通学、お買い物や駐車場の清算など、年々便利になるのが「電子マネー」です。

従来からあるカードタイプを始め、スマートフォン対応のアプリケーションタイプ、お気に入りの腕時計に付け替える事が出来るリストバンドタイプなど、使う人のライフスタイルに合った電子マネーが使われています。

また、ご当地限定デザインを施されているカードタイプの電子マネーもあります。

そんな中、電子マネーについての意識調査が行われ、様々な興味深い調査結果が出ました。

今回はその調査結果から見えてくる電子マネーの利用実態についてご紹介します!!

電子マネーを使う割合は30・40代が最多

電子マネーを使う機会は、コンビニエンスストアなどの買い物だけではなく、駐輪場などの買い物以外にも増えてきました。

また、JR東日本が発行している交通系ICカード「Suica」では、2018年以降に上越・秋田などの新幹線自由席に使える事が予定されています。

これらの状況から、電子マネーを使う年代もビジネスマンが多く、出張などの機会が多い30・40代の割合が多い事が、今回の調査結果で判明しました。

理由としては、お会計時の煩わしさや時間を節約したいと考えている・その為にわざわざお財布を出さずにワンタッチでお会計を済ませたい・お会計時に貯まっていくポイントもしっかり貯めたいとの考えも挙げられています。

ちなみに、それ以外の年代を見ると10代が最も電子マネーを使う機会が少なく、続いて20代となっており若い世代は電子マネーを使う機会が少ない事も判明しました。

また、50代以上は電子マネーを地下鉄などの公共交通機関として使う機会が多く、お買い物ではあまり電子マネーを使う機会はない調査結果が出ています。

電子マネーを使う場所は「コンビニエンスストア・スーパー」が最多

様々なお店やサービスで使う事が出来る電子マネーですが、お買い物で使う場所として最も多い回答を得たのが「コンビニエンスストア・スーパー」でした。

コンビニエンスストアやスーパーで電子マネーを使うと、それぞれの提携でポイントが付いたり、チャージもその場で出来る利便性の高さが、電子マネーを使う場所として最も人気がある事が今回の調査結果で判明しました。

それ以外のランキングは、地下鉄や私鉄、バスなどの公共交通機関、自動販売機やコインロッカーなど駅に設置している機械、コインパーキングや駐輪場などのサービスが結果として判明しました。

ミドル世代に馴染みが深いが、若い世代には浸透しきれていない現状

チャージ方法も現金以外にもクレジットカードから出来るなど、利便性が高い電子マネーはこれからも時代に沿った便利なサービスが展開される事が予想されます。

現金でしかお買い物をしていない方も、利便性の高い電子マネーを検討してみてはいかがでしょうか?

多くの利用ショップがある楽天Edyが搭載されている「楽天カード」もおすすめです!!
楽天カードお申込みへ

おすすめクレジットカードランキング2018

1位
楽天Edy付き!7,000ポイントキャンペーンは7/23まで!
2位
女性向けの特典満載!映画やグルメをお得に♪edy付き
3位
ローソンなどでお得にポイントがたまります♪iD付き
4位
チャージの手間がなくなる!毎日の通勤・通学もお得に♪
5位
電子マネー達人も愛用!知名度も安心感も抜群です。iD付き