電子マネーとは?

電子マネーに相性の良い!クレジットカードランキング2018

1位
楽天Edy付き!9/24までの入会で7千円分のポイントもらえる♪
2位
女性向けの特典満載!映画やグルメをお得に♪edy付き
3位
ローソンなどでお得にポイントがたまります♪iD付き
4位
チャージの手間がなくなる!毎日の通勤・通学もお得に♪
5位
電子マネー達人も愛用!知名度も安心感も抜群です。iD付き

電子マネーとは

電子マネーとは、現金の代わりに、予めチャージまたは自動チャージしたカード、もしくはクレジットカードでの自動引き落とし(後払い)を設定したカードやスマホなどで支払いをすることができる電子のお金です。

例えばコンビニエンスストア・スーパー・百貨店などでのお買い物をする時、あなたはどのようにお金を払うことが多いですか?
あらかじめ買いたい商品の金額を準備しておく現金派と、現金を持ち合わせていない場合に助かるクレジットカード派、お中元やお歳暮などでもらう機会が多い商品券派と、お買い物する際にも色々な方法がありますね。

これらの買い物方法に変わる決済方法として、今確実に需要が伸びているのが「電子マネー」です。

あらかじめ使いたい金額を入金(チャージ)して使うので、クレジットカードの様な後日びっくりする金額の請求を受ける事もありません。
また、一円などの小銭を準備する必要もないので、お気に入りのお財布もスッキリして見栄えもよくなります。

もちろんチャージをするのを忘れて肝心な時に使えない・・・!ということもありますが、オートチャージ機能など、電子マネーも日々進化し、使いやすくなっているんです。

ここでは、電子マネーの種類・電子マネーを使う事のメリットデメリット・電子マネーを使っている方の感想・電子マネーの今後など、電子マネーに注視して掘り下げています。

「電子マネーを使ってみたいと思っているけど、現金で買う事に慣れているから」「電子マネーはセキュリティ面で不安と聞くけど、実際の所はどうなの?」

そんな疑問も解決できる内容となっていますよ!!

電子マネーの種類

電子マネーには交通系・商業系のふたつがあります。

交通系の電子マネーは皆さんも知っているようにはSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)をはじめとして、全国色々な交通機関が出しています。

現在全国で30種類以上ありますが、その中で主要10社が2013年3月より全国相互利用できるようになっています。1枚のカードで全国どこでも電車、バスに乗れます。駅の売店や街ナカでも使える店が増えています。

商業系は、Edy(エディ)やiD(アイディ)、WAON(ワオン)、nanaco(ナナコ)をはじめとし、コンビニやスーパーや自販機などでさまざまなところで使える電子マネーです。最近どんどん普及していますね。
お買い得なサービスもあるので要チェックですよん(^^)!

交通系IC 一覧

商業系系プリペイド 一覧

買い物系ポストペイ

「チャージ」とはバッテリーチャージなどでも使われますが、補充するというような意味です。電子マネーの場合、チャージとは、お金を補充することになります。
チャージの必要があるカードを先払いという意味のプリペイド型、 チャージの必要が無く後払いのものをポストペイ型と言います。

プリペイド型 ポストペイ型
楽天Edy、nanaco、WAON、
Suica、PASMO、Tマネー…
iD、QUICKPay、
Pitapa…

カードとおサイフケータイ

朝食や夕食の買い物を始め、雑貨や食事など、毎日の生活では様々な場面でお金を払うシーンがあります。レジについてお財布の中を見たら中身が入っていなくて焦った・予想以上に多く買っていて、持ってきた金額では足りなかったなど、お会計についてのトラブルも発生する事もあります。

そんな時に助かるのも電子マネーで、ピッと専用端末にかざすだけでお会計が完了する便利さは時間の短縮はもちろん、小銭を持ち歩く事がなくなるといったスマートな生活を送るためのポイントにもなります。

現在普及している電子マネーは、楽天Edyやnanacoなどの各会社が発行しているカード型に加え、スマートフォンに対応しているアプリケーション型、iPhoneを展開しているapple社が開発したスマートウォッチと呼ばれる腕時計型、お気に入りの腕時計に電子マネーが搭載されているリストバンドに付け替える型など、電子マネーが登場した時には考えられない程に進化しています。

Felica(フェリカ)マークがある携帯やスマホならすぐ始められます。
(iPhoneは今のところ未対応)。

article1403041_2.jpgarticle1402271_3.pngarticle1402282_4.jpgc_top.gif

カードは、単体で使うものと、クレジットカードに付帯している一体型のものがあります。

  • どうして便利でお得なの?

小銭を数えて払うことに時間がかかったり、財布が小銭で満杯になったりするのは日常茶飯事!
バスを降りるとき、電車に乗るとき、コンビニやスーパーのレジでの支払い、ガソリンスタンドや駐車場。いつでもどこでもじゃらじゃら

それが、電子マネーカード一枚、もしくはおサイフケータイで済ませられるとしたら、きっとかなりの時間の節約です!
何よりもスマートですね!

今後消費税アップで端数の1円刻みの支払いも増えていく可能性も高いので、余計に便利さを感じることが多くなることでしょう。
電子マネーは、プリペイド型なら現金チャージだけでも使えます。まずはお試しにカンタン導入するなら、現金チャージしてみてもいいでしょう。充分その価値はあります。

しかし、電子マネーの醍醐味は、やはりポイントが貯まる楽しみです。
お得な方法はさまざまありますが、ポストペイならクレジット支払になるし、プリペイド型でもクレジットチャージすることで、クレジットカードのポイントを貯めていくことができます。

iD(アイディ)などは使えるお店がかなり多いので、ここでもどこでも使えてクレジットのポイントが貯まっていきます。

iDの付いたdカードは現在最大8,000円相当プレゼントキャンペーン中!
dカードお申込みへ

楽天Edy(エディ)nanaco(ナナコ)WAON(ワオン)などは、チャージできるクレカは種類が少ないですが、そのまま使っただけでもポイントがもらえます(事前にポイントシステムに登録必要がある場合あり)。

そして貯まったポイントがその電子マネーとして使えたりします。マイルとして貯められるものもあり、最近は使い方がどんどん拡がっていますよ~。

お得な楽天Edyの付いた楽天カードにお買いものパンダ5周年デザインが登場!50,000枚限定
9/25 10時までの新規入会で7000円分のポイントプレゼント!♪
楽天カードお申込みへ

電子マネーの使い方

 

【電子マネーの使い方】
電子マネー

1.お買い物をして支払いをする時に、「電子マネーでの支払い」と告げます。


2.レジ横にある読み取り機の中心に、電子マネーカードやおサイフケータイのFelicaマークを軽くかざします。


3.決済音がなりましたら、お支払い完了です。

※お支払い時には、パケット通信料がかかりません。

【マルチマネー自販機の使い方】

マルチマネー自販機

1.ドリンクをえらぶ


2.電子マネーまたはおサイフ携帯を読み取り機にかざすだけ。


3.決済音と共に商品口から商品が取り出せます。
※複数の電子マネーをおサイフケータイでご利用の方は選択ボタンで電子マネーを選んでご利用ください。

詳しくは、コカ・コーラジャパンへ

【おサイフケータイ(電子マネー)Q&A】

質問 電池が切れたらおサイフケータイは使えるのでしょうか?
回答 はい、電池が切れても少しの間ならば使えます。
しかし、バッテリーがまったくない状態では、使えなくなりますので注意が必要です。(電池が切れてもバッテリーに少しの電気がある場合には使用できます。)
また、おサイフケータイ機能に使う電力はバッテリーから直接補給されますので電源を切っていても問題なく利用できます。
(ICカードロックを設定している場合には利用する際に暗証番号の入力が必要なので電源が入っていないと利用することができません)
質問 おサイフケータイを使うと通信料はかかるの?
回答 対応アプリをダウンロードする時や、ネット接続にて入金(電子マネーチャージなど)する場合にはパケット通信料がかかりますが おサイフケータイをかざして使う時はパケット通信料はかかりません。

電子マネー番外編

  • その他の、知っておきたい電子マネー:
    ぐるなびデジタルマネーや、クロネコメンバーズ電子マネーカードなど、さまざまな場所で独自の電子マネーが活躍しています。そんなぜひ知っておきたい電子マネーを解説します。(近日公開予定)
  • 共通ポイント:
    このWebサイトで解説している「電子マネー」は、小銭替わりに、カードや携帯・スマホの非接触ICリーダーを使って少額からサインなしで決済できるデジタルマネーのことを指していますが、ポイントシステムには「共通ポイント」といういろいろな各社のサービスで共有するポイントのサービスがあります。共通ポイントってなに?そんな方にはこちらで説明していますよ~。
  • NFC(TypeA/B)電子マネー:
    日本ではまだ普及しておらず今後も普及するかまだ不明ですが世界標準の非接触IC決済システムNFC(TypeA/B)による電子マネーがあります。iPhone 6、iPhone 6plusに搭載されたApple Pay(アップルペイ)でも使われているので、海外ではどんどん普及中。
    この「NFC(TypeA/B)電子マネー」についてはこちら
  • 仮想通貨(仮想マネー):
    広義では電子マネーと呼べる「仮想通貨」。「暗号貨幣」ともいう。2014年に破綻した「マウントゴックス取引所」で有名になった「bitcoin(ビットコイン)」を始め、「ethereum(エセリウム)」、「ステラ」、「リップル」など、多数あります。これからの世界で通常通貨として機能していく可能性はまだまだ未知ですが、おもしろそう。
    使い方などはこちらで解説していきたいと思います!
    誰にでもわかる!Bitcoin(ビットコイン)


引用:http://jpn.nec.com/e-payment/ic/index.html

おすすめの電子マネー

プリペイド型やポストペイ型と、使う人のライフスタイルに合わせた多くの電子マネーが発行されている中で、使えるお店やサービスの豊富さなどでおすすめしたいのが「楽天カード」「ビュースイカカード」「オリコカード」そして「dカード」です。

ここでは、この4つのカードについて最新情報やおすすめポイントも含めてご紹介します!

楽天カード


引用:楽天カード公式サイト

電子マネーが搭載されているカードをご紹介する時に必ず名前が出てくるのが楽天カードです。可愛らしいパンダのデザインも人気です。

  • 特徴

使えるお店が豊富な事以外にも多くの特徴がある楽天カードですが、電子マネーの機能以外にも特徴があります。
楽天カードの最も大きな特徴として、年会費がずっと無料な事です※ゴールドカードは年会費が別途必要。
また、クレジットカードに搭載出来る国際ブランドもVISA・マスターカード・JCBの3つを準備していて、日本国内だけではなく海外にある加盟店で楽天カードを使う事が出来ます。

  • ポイント

クレジットカードとしての機能も魅力的でおすすめしたい楽天カードですが、電子マネーを使った時に貯まるポイントの仕組みも見逃せません。
楽天カードが使えるお店やレストランは、クレジットカードとして使えるのはもちろんですが、楽天Edyももちろん使えます。ポイントが貯まって使えるチャンスが多い事もおすすめしたい理由として挙げられる楽天Edyです。
100円で1ポイント貯まりますし、お店やサービスによっては100円で2ポイント貯まりますし、楽天市場では最大4倍のポイントが貯まります。

ちなみに、楽天カードを新規入会すると、所定の手続きを行うと5,000円分の楽天ポイントがもれなくもらえます。それ以外のポイントは、楽天カードを運営している楽天ならではのインターネットを使ったサービスが豊富な事です。
会員登録を行う事で住所や勤務先の情報を24時間いつでも変更出来る事や、毎月の支払い金額を確認して調整する事もインターネット上で行う事も出来ます。
また、楽天Edyを搭載している楽天カードにはクレジットカード機能を使ったオートチャージも出来るので、楽天Edyの残高が足りない時にわざわざチャージする為にお店や専用端末を探す必要もありません。

  • 楽天カードの口コミ

・楽天市場でネットショッピングを楽しんでいるので、買い物金額に応じて楽天ポイントが大幅に貯まる楽天カードはおすすめです。
・楽天市場などの楽天グループで使うならポイントが高いけど、それ以外のお店ではあまり楽天ポイントが貯まらないのが不満です。
・家族カードに入会しているけど、手続きや問合せも全部親会員からでないと受け付けてもらえないのがとても不便です。万が一無くした時に緊急に対応できない不安も感じます。

  • 最新情報

FCバルセロナやヴィッセル神戸、楽天イーグルスなどプロスポーツチームがデザインされた楽天カードが発行していますし、今なら5千円分のポイントもらえます♪
ディズニーポイントカードが人気!
9/25 10時までの新規入会で7000円分のポイントプレゼント!♪
楽天カードお申込みへ

ビュースイカカード


引用:ビュースイカカード公式サイト

ポストペイやプリペイド型といった電子マネーの中でも、地下鉄やバスにも乗車できる交通系ICカードも電子マネーの中で大きなシェアを誇っています。そんな交通系ICカードの中で人気があるのでSuicaで、Suicaを搭載したビュースイカカードもおすすめです。

  • 特徴

ビュースイカカードの特徴は、何と言ってもSuicaが使えるクレジットカードです。SuicaはJR東日本が発行している交通系ICカードで、JRや地下鉄、私鉄やバスなど多くの公共交通機関で使えます。Suicaは全国相互利用が出来るので、関西や九州などでも使う事が出来ます。

  • ポイント

Suicaとして使えるビュースイカカードですが、クレジットカード機能も充実しています。年会費が必要ですが年間でも500円弱と安く抑えられています。
また、利用できる限度額も80万円までと充実していますし、ボーナス一括やリボルビング払いなど都合のいい支払い方法も選ぶ事が出来ます。
さらには、Suicaとしての機能もポイントで定期券機能も搭載出来るので、毎日の通勤通学にも使えるのでおすすめで、クレジットカードで貯まったポイントは電子マネーとして交換する事も出来ます。

  • 口コミ

・JRを使う事の多い人にとってはポイント還元率も高いのでおすすめです。年会費分も使う事で取り戻せるのでそこまできになりません。
・決済が終わった後に支払い方法が変更出来るのがおすすめポイントです。
・困った時に連絡するサポートセンターの対応が不満で疑問が解決できなかったです。

  • 最新情報

2018年4月30日まで、新規入会&利用すると抽選で6,000円分のポイントがもらえるキャンペーンをやっています。

ビュースイカカードお申込みへ

オリコカード


引用:オリコカード公式サイト

iDとQUICPayの人気電子マネーが搭載されていませんが、おすすめしたいカードがあります。それがオリコカードです。

  • 特徴

多くのクレジットカードが発行されている中で、老舗のクレジットカードとして人気があるのがオリコカードです。お馴染みの丸いデザインがポイントです。

  • ポイント

クレジットカードとして機能が充実しているオリコカードは、搭載するブランドもマスターカードで世界中で使う事が出来ます。クレジットカードを使って貯まったオリコポイントは、貯まってからリアルタイムでAmazonギフト券やTポイント、さらにはWAONポイントや楽天ポイントに交換する事が出来ます。
また、搭載されている電子マネー(iD・QUICPay)との相性もよく、電子マネーで使った金額をクレジットの利用金額に合わせる事も出来て管理も楽々です。
さらには盗難や紛失など万が一の事態にもしっかりと対応してくれて、60日前にさかのぼって損害を補償してくれるアフターフォローもポイントです。

  • 口コミ

・年会費がずっと無料なのでランニングコストも気になりません。
・高速道路をよく利用するのでETCカードは必須ですが、ETCカードが無料なのが嬉しいです。
・デザインもシンプルで使うお店を選ばないのがさりげなく嬉しいです。

  • 最新情報

価格ドットコム限定でオリコカードに入会と利用をすると、最大で8,500円分に相当するオリコポイントがもらえるキャンペーンをやっています。

オリコカードお申込みへ

dカード


引用:dカード公式サイト

dカードは、NTTドコモが発行しているクレジットカードです。2015年の登場以来ドコモケータイユーザーを中心に会員を増やしてきましたが、dポイントの特約店が増えていることもあり、近年はドコモユーザー以外にも利用者が増えてきています。

  • 特徴

dカードは、dポイントをためやすく、またドコモケータイの故障に対する補償がついているという点で人気があります(※カードの種類によって補償内容が異なります)。国際カードブランドはVISAとMastercard、そしてFelicaの非接触決済ができる「iD」を搭載しています。

  • ポイント

買い物の際の支払いにdカードを使用すると、その金額に応じてdポイントが加算されます。また、このカードはクレジットカードとしてだけでなくdポイントカードとしても機能するため、特約店で提示するとお買い物代金に応じてつけてもらえたり、ドコモケータイやドコモ光の毎月の利用料によってもらえたりと利用対象がどんどん拡大しているのも大きな特長。
さらに、ローソンや家電のnojimaなどで買い物の際に提示すると、ポイント付与や割引特典で合計5%もお得に買い物をすることができるなど、メリットの大きいカードなのです(2018年5月現在)。

dカードは初年度年会費無料で、2年目以降も前年に1回でも使っていれば無料。docomoユーザーであれば、ドコモケータイの支払いカードとして登録することで簡単に条件をクリアすることができます。

dカードGOLDの年会費は10,000円ですが、GOLD会員になるとドコモケータイやドコモ光の利用料金が10%OFFになるなどの特典があるため、利用料金によっては年会費以上の割引も期待できます。さらに現在は、最初の入会の翌月までに20,000円以上買い物をすれば8,000円分がiDにキャッシュバックされるというキャンペーンを実施中。dカードGOLDは、ある程度利用する人であれば年会費以上の価値があるという特典満載のカードです。

  • 口コミ

・ドコモユーザーなら持っている方がお得だと思います。dカードをメインカードにしておけばポイントがたまりやすいです。
・dカードにはドコモケータイが故障した時の補償がついてくるので、その補償目的でdカードに申し込みました。GOLDなら最大10万円まで補償されるので、年会費10,800円は保険代だと思えば安いです。
・iDの電子マネー利用でもポイントがもらえます。iDはコンビニでよく使うので、気付くとけっこうたまっていますよ。

  • 最新情報

dカードに申し込むなら、2018年6月30日までがお得です!
現在dカードでは、入会&支払い利用で、dカードなら最大6,000円分、dカードGOLDなら最大11,000円分がiDにキャッシュバックされるというキャンペーンを実施中。どちらも「こえたらリボ」「キャッシングリボ」に申し込めばさらに3,000円分がキャッシュバックされます。

<dカード>最大6,000円分のiDキャッシュバック
入会:1,000円分
入会と同時に携帯の支払いカードに設定:1,000円分
翌月までに合計20,000円分利用:4,000円分

dカードお申込みへ

<dカードGOLD>最大11,000円分のiDキャッシュバック
入会:2,000円分
入会と同時に携帯の支払いカードに設定:1,000円分
翌月までに合計20,000円分利用:8,000円分

dカードGOLDお申込みへ

電子マネーのメリットやデメリット

お買い物がほんの数秒で完了する便利さがポイントになっている電子マネーは、便利な反面デメリットも存在しています。

ここでは、電子マネーのメリットとデメリットについてご紹介します。

使い過ぎる事もなくサインも不要

電子マネーのメリットと聞いて真っ先に思い浮かべるのが、「残高より使い過ぎる事がない」事です。

そのため、小学生などに持たせている方も多いのも特徴で、残高が少なくなればチャージする事で再び使う事が出来ます。

また、「お会計時にサインも不要」な事もメリットでもあります。

サインや暗証番号の入力も不要なので、クレジットカードの様な待ち時間もありませんので、現金やクレジットカードなどと比較してもお会計に掛かる時間も短くて済みます。

予めチャージする必要があり、磁気不良で使えない時もある

一方、電子マネーのデメリットとしては、「使う金額を前もってチャージする必要がある」事が挙げられます。

お買い物以外にも電車やバスにも電子マネーは使えますが、降りる時に残高が不足していたら降りる事が出来ませんので、残高を確認した上で乗車する事がポイントです。

ちなみに、残高が不足していても降りる時に自動的にチャージしてくれる機能を搭載した電子マネーもありますので、残高を気にせずに電子マネーを使いたい場合にオススメです。

また、電子マネーは磁気も関係していますので、クレジットカードやキャッシュカードと一緒に電子マネーを持っていると、まれに磁気不良が原因で電子マネーが使えなく事がありますので、お財布に電子マネーをたくさん入れている方は注意が必要です。

電子マネーの今後は?

定番のカード型以外にも、年々進化を遂げている電子マネーは、これからもその時代の最先端に沿った新しい形で登場する事が予想されます。

また、現金では獲得する事が出来ないポイントサービスもさらに拡充すると思われるので、これからの決済方法の定番と十分なり得ます。

電子マネーの今後に期待です!!

おすすめクレジットカードランキング2018

1位
楽天Edy付き!9/24までの入会で7千円分のポイントもらえる♪
2位
女性向けの特典満載!映画やグルメをお得に♪edy付き
3位
ローソンなどでお得にポイントがたまります♪iD付き
4位
チャージの手間がなくなる!毎日の通勤・通学もお得に♪
5位
電子マネー達人も愛用!知名度も安心感も抜群です。iD付き