【結局どっちが得?】仮想通貨の取引所と販売所の違い徹底比較

ビットコインに興味を持ってbitFlyerに登録し、

「いざビットコインを買ってみよう!」とした時、

よくわからないことがありました.

bitFlyerのメニューには

ビットコインの「販売所」と「取引所」の2つがあったのです!

しかも「販売所」と「取引所」でビットコインの値段が全然違う!

どっちで買えばいいんだろう…

と疑問に思った私は

販売所」と「取引所」の違いについて調べてみました。

 

販売所の特徴

メリット

・確実に売買できる

デメリット

・販売所が指定した値段でしか売買できない

・取引所より売る際は多少割安、買う際は割高になってしまう

 

取引所の特徴

・誰と取引しているかわからない

メリット

・取引所より売る際は多少割高、買う際は割安で買える

デメリット

・買いたい人と売りたい人がマッチングしなければ取引できない

 

結局どっちがいいの?

販売所」と「取引所」、どちらが良いということは一概には言えません

私の場合は、普段は少しでも割安で買え、

割高で売れる「取引所」のほうを使っています。

しかし、ビットコインは値動きが激しいため、「取引所」では

暴落している時は売りづらく、暴騰している時は買いづらい

といったことが起こります。

そういう時にどうしても売買したい場合は

販売所」を利用するといいでしょう。

普段は「取引所」を利用し、乱高下が激しい時は、

確実に売買できる「販売所」を利用するといったように、

時と場合に応じて使い分けるといいのではないでしょうか。