bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料や取り扱い硬貨をやさしく解説!

bitFlyer(ビットフライヤー)
bitFlyer(ビットフライヤー)

仮想通貨元年とよばれた2017年頃から、毎日のように仮想通貨に関するニュースを目にするようになりました。
流行に乗って始めてみたという声も多く聞かれる一方、何から始めたら良いかわからない、どこで始めたら良いかわからないと迷っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、日本最大の規模をほこる仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)をご紹介します。
自分の大切な財産を使う仮想通貨取引を始めるなら、安心して財産を預けられる取引所を利用したいもの。bitFlyer(ビットフライヤー)について、取り扱いコイン、手数料や評判などユーザーの声などを見ていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

日本には20箇所以上の仮想通貨取引所所がありますが、その中でNo.1と言われるのが、株式会社bitFlyerが運営する取引所、bitFlyer(ビットフライヤー)
評判が良く、日本の名だたる大手企業が出資していることもあり資本金、ユーザー数、月間取引量において日本で最大の規模をほこるとされています。

仮想通貨取引所は、仮想通貨の売買をする場所を総称してそのようによばれることが多いですが、実は売買をする場所には2種類あり、それぞれ「取引所」「販売所」と呼ばれています。

取引所とは

仮想通貨を売りたい人と買いたい人が直接売買をします。
売る側と買う側が希望する額を提示し、相場が決まります。株をイメージするとわかりやすいでしょう。

販売所とは

仮想通貨を販売している会社と売買をします。
売買価格は会社が決めて提示します。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、通貨によって取引所または販売所が用意されており、どの通貨もPCやアプリで簡単に取引することできます。

仮想通貨取引は、大切な財産を増やせるチャンスでもありますが、逆に減ってしまう危険性があるのもまた事実。
興味がありながらも不安が勝って始めるのを躊躇してしまうという方も多いのではないでしょうか。

その点、bitFlyer(ビットフライヤー)は評判が良く、それぞれの仮想通貨に強いセキュリティ対策を施しているため、安心して始められる取引所の1つと言われています。

販売所と取引所それぞれの対応コインリスト

bitFlyer(ビットフライヤー)では、下記7通貨の取引所と販売所を用意しています。(2018年3月現在)

取引所と販売所

・ビットコイン

販売所

・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・モナコイン
・リスク

ビットコインのみ、取引所と販売所の両方が用意されていますが、それ以外は現在のところ販売所のみです。

なお、bitFlyer(ビットフライヤー)ではプロ向けにもう1つ、bitFlyer Lightningという取引所を用意しており、ここではビットコイン現物、FX、イーサリアム現物の売買などが行われています。

現物取引というのは、通常の取引所と同じユーザー同士の売買のこと。
通常の取引所とレートや条件も同じです。
ただし、bitFlyer Lightningは取引画面がプロ向けに少し複雑になっており、また利用には特別な手続きも必要。
まずは通常のビットコイン取引所の方で取引を始めることをおすすめします。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料

取引でかかる手数料は、主に以下の3つです。

売買手数料

その名の通り仮想通貨の売買の際にかかる手数料ですが、ビットコイン販売所での手数料はしばらくの間無料です。
取引所での手数料は日々変化しますが0.01%~0.15%、大量にコインのやり取りする方におすすめのLightning現物取引の手数料は0.20%です。(2018年4月現在)

送付(送金)手数料

送付手数料とは、仮想通貨を第三者に送るとき必要になる手数料です。
bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントを所有している人同士では、送付手数料が無料になりますよ。
仮想通貨の送付(送金)は、銀行での現金送付と比較すると格安です。各通貨の送付手数料を紹介しておきましょう。

ビットコイン 0.0004BTC(※2)
ビットコインキャッシュ 0.0002BCH
イーサリアム 0.005ETH
イーサリアムクラシック 0.005ETC/td>
ライトコイン 0.001LTC
モナコイン 無料
リスク 0.1LSK

入金手数料

bitFlyer(ビットフライヤー)に入金する際にかかる手数料です。
はじめて取引所を開設したら、銀行やクレジットカードから日本円を取引所へ入金し、その後日本円でそれぞれの仮想通貨を購入するというのが一番わかりやすい流れでが、
その際に銀行振込で入金する場合は、銀行の定める振込手数料が必要です。
24 時間 365 日入金できる「クイック入金」を利用する場合は、1回につき324 円の手数料がかかります。
※アカウント作成や維持、各通貨の販売所での売買は手数料無料です。
bitFlyerをはじめる

bitFlyer(ビットフライヤー)でコインがもらえる!?

bitFlyer(ビットフライヤー)でコインがもらえる!?

仮想通貨は、通常は購入しないと手に入りませんが、bitFlyer(ビットフライヤー)であれば無料でビットコインを手に入れることもできます。

たとえば、bitFlyer(ビットフライヤー)の指定のページから楽天市場やZOZO TOWNに入って買い物をすると、購入価格の0.6%相当のビットコインが付与されます。
じゃらんで宿泊予約をすると宿泊料金の1%相当、クレジットカードやインターネット回線に申し込むと2万円相当など高額のビットコインが付与されます。

その他、会員登録するだけ、アンケートに答えるだけで謝礼としてビットコインがもらえるというサービスもあり、地道に積み上げていけばある程度まとまった額になることも期待されます。
なお、それぞれのサービスに様々な条件が設定されているので、注意事項をしっかり確認してから進めましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)でコインをもらう!

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判

日本最大規模をほこる仮想通貨取引所・販売所であるbitFlyer(ビットフライヤー)。数ある取引所・販売所のなかから、なぜ多くの人に選ばれているのでしょうか。ユーザーの声を集めてみました。

・資本金が多く、プロ集団が経営しているので倒産のリスクが少なそう
・画面が見やすいので初心者でも使いやすい
・補償制度があるから安心
・bitFlyer Ligtningのスマホ画面を見やすくしてほしい
・仮想通貨の種類を増やしてほしい
・サーバーがダウンした

総合すると信頼度の高いbitFlyer(ビットフライヤー)は評判の良い取引所と言えるでしょう。
ただし、補償制度の対象となるためには一定の条件を満たす必要があるなど、利用するにあたっては様々な注意事項もあります。
必ず事前にチェックしておきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット・デメリットまとめ

ここまで紹介してきた内容をもとに、bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット・デメリットをまとめておきましょう。

メリット

・画面が親切でわかりやすい
・大手企業が株主という安心感
・セキュリティレベルが高い
・不正ログイン被害の補償制度がある
・無料でビットコインを増やす方法がある

デメリット

・取り扱っている通貨の種類が少ない
・販売所の手数料(スプレッドとよばれる買値と売値の差)が高い
・サーバーが時々ダウンする

まとめ

bitFlyer(ビットフライヤー)について、取り扱いコインの種類や使い方、メリット・デメリットをご紹介しました。
仮想通貨はいま注目を浴びていますが、歴史は浅く、発展途上の市場でもあります。
大きく儲かることもあれば、損が出る危険性をはらんでいるのもまた事実。
自分でしっかり下調べをして、慎重に進めていきましょう。
     

\はじめての方はまずbitFlyerから!/

bitFlyerをはじめる