ビットコインで購入!アメリカの宝くじパワーボールの買い方

最終更新日 2016.2.9

パワーボールは当選金がけた違い

 

アメリカは何もかもが日本とは桁違いですが、宝くじも日本とは桁が違います。
アメリカの宝くじの中で最も有名なのが「パワーボール」で、アメリカ44州とヴァージン諸島、プエルトリコにコロンビア特別区で発売されている宝くじです。

 

方式は日本の「ロト6」と似たようなもので、自分の好きな6つの数字を選んで当選番号を予想するものですが、ロト6とは当選金額が比べ物になりません。

 

ロト6と同様に、当選数字の数や当選者数、キャリーオーバーした金額によって当選金額が変動するのですが、2016年には日本円で約1900億円が当選したというニュースがありました。

 

パワーボールがビットコインで購入できる

パワーボールの宝くじは1口2ドルで、多くの場所で購入することができます。
多くの方は現金でパワーボールを購入しているようですが、先日、パワーボールがビットコインを使って購入することができるようになりました。

 

ビットコインとは、かつて話題になった仮想通貨のことで、アメリカなどでは日本よりも広く普及している決済手段です。
パワーボールはインターネットサイトからも購入可能ですが、その際の決済手段としてビットコインが使えるようになったのです。

 

これまでビットコインを使ったギャンブルの決済というと、オンラインカジノくらいでしたが、パワーボールの決済にビットコインが加わると、いくつかのメリットが考えられます。

 

ビットコインは決済システムがシンプルかつスピーディーですので、締め切り間際での購入も十分に可能です。
また、手数料が無料なのも購入者にとってはうれしいところですね。

 

日本で購入はできるか

日本でもビットコインを利用しているユーザーは多いですが、日本からパワーボールを購入することはできるのでしょうか。
残念ながら、日本にいながら海外の宝くじをネットなどから購入すると、刑法187条第3項の「富くじの授受」にあたり違法となってしまいます。

 

アメリカに出張に行って、ネットからパワーボールをビットコイン決済する分には何の問題もありませんので、アメリカに行った時に買うようにしましょう。